FREE FOWLSからのお知らせ

疫病、戦争、大地震。。。この三重苦を日本が打破する唯一の方法は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
墓地
Photo by Neil Thomas on Unsplash
ブログ主

今、世界はものすごく乱れてしまっていますよねー。。。
疫病が世界的大流行し、それに被せるように、ロシアウクライナ戦争が勃発、どろ沼化しつつあって第三次世界大戦へと発展しそうな危機に直面する中、日本ではさらに東北地方を中心とした大地震が発生。。。こんな三重苦ってあります? でも、日本にはこの三重苦を一気に打破できる力を秘めた国なんですよ。まー簡単ではないんですけどね。でもボクは今こそ、それをやるべきなんじゃないかと思っているんですよ。

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

疫病、戦争、大地震。。。日本に降りかかる、まさかの三重苦

疫病は流行してもう丸2年経っていますよね。世界中の人々ももうだいぶ慣れてきて危機感薄れてきたところに、ブラジルで「懸念される変異株/出田苦論」が発生しました。それによっては今後どうなるかまだ分からない状況の中、まさかの戦争勃発。。。日本にとってはこの戦争、まだ直接的なものじゃないですけど、上記に記した「✔あわせて読みたい 」のように、ウクライナの大統領が日本の国会で異例のビデオ演説を行えば、ロシアの怒りを買って日本も戦争に巻き込まれる可能性がかなり跳ね上がると思っていますー。そこへ来て日本では、3月16日の夜中に宮城県を中心に起きた震度6強の大地震!! 

ブログ主

疫病、戦争、大地震、3つも重なる~???

って感じですよねー。。。今回の3重苦、一つだけとってもかなりの厄介事ですよね。。。それが3つも重なっているという。。。こんな事あるんや~と思うんですよ。でも、日本にはこの三重苦、一気に打破する方法があるんですよー

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

【疫病・戦争・大地震】この三重苦を日本が一気に打破する唯一の方法は?

この三重苦を一気に打破できるかもしれない方法が日本にはあるんですよ。

それは災異改元(さいいかいげん)です。

日本では平安時代の頃から江戸時代まで天災地変(自然界に起こる様々な天災)による凶事、政変などによっておこる凶事に対して、それらすべてを断ち切る術として元号を改元(災異改元)してきた歴史がありますー。要するに凶事によって何から何までおかしなことになってしまった世の中をリセットする機能が改元という事だったんですよ。

リセットボタン
Photo by Nikita Kostrykin on Unsplash

災異改元が最後に行われたのは江戸時代、幕末の1865年5月1日の事です。元治→慶応に変わりました。この時は天災ではなく「禁門の変」や当時の社会不安などの災異のため元号が変わっています。江戸幕府と朝廷が過激な攘夷活動を繰り返す長州藩を征伐しようとして争い、京都が火の海になったことから、いつたん全てリセットするために改元したとのことです。

明治以降の日本は、新天皇が即位したときのみ改元される「代始改元」(だいはじめかいげん)が法律で定められているわけなんですが、あまりにも最悪な凶事が3つも重なってしまったこの「令和」という元号、法律を変えてでも改元した方がいいかもしれないとボクは思うんですよねー。。。

スポンサーリンク

個人的にはこの「令和」と言う元号、凛としていて、音も字面もお気に入りではあるんですがあまりにも凶事が重なり過ぎてますよねー。皇室的にみれば凶事はこの3つにとどまりませんよね。現在進行形でありえないことが続いていますから。。。

令和の元号を変えて、せめて第三次世界大戦だけでも起きないようにすべきなんじゃないかなと思うんですよ。憲法9条で戦争を放棄している日本は現在の世界情勢で担えることがほとんどありません。災異改元は陰陽道思想に基づいたもので呪術的で科学的根拠のないことかもしれませんが、日本に出来ることはそのくらいの事しかないと思うんですよ。日本政府が防衛装備移転三原則の運用指針を改正してまで、ウクライナに防弾チョッキ等の自衛隊の装備品を送り、ロシアにそこを付けこまれて、日本が戦争に巻き込まれるかもしれないという危ない橋を渡るよりも、令和の元号を変えて、日本らしく出来ることをやるべきなんじゃないかなーと思うわけです。

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる