FREE FOWLSからのお知らせ

【謎!?】イーロンマスク氏がtwitterを買収したいのはなぜ?あの人のため?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ツイッター
Photo by Rubaitul Azad on Unsplash
ブログ主

アメリカの実業家、大金持ちのイーロン・マスク氏があのSNS最大のプラットフォームであるtwitter社の全株取得を目指して完全買収しようとしていますー。買収の提案額は430億ドル、日本円にして約5.4兆円ですよ~

ど、どんだけ~~!!

ブログ主

そうなんですよ、どんだけ~なんですよ。5.4兆円、現金で株を買い取るといっているそうです。国家予算並みの現金をいとも簡単に動かせるイーロン・マスク氏って何者なんでしょうねー。。。確かにイーロン・マスク氏はtwitterのヘビーユーザーです。今年の2月末には、イーロン・マスク氏とウクライナの副首相とのtwitterのやりとりで、イーロン・マスク氏はウクライナに人工衛星を使ったインターネットサービス「スターリンク」の機材を提供しました。(下記✔あわせて読みたい参照) イーロン・マスク氏がtwitter社に対していろいろな要望を持っていたとしても不思議ではありませんが5.4兆円も突っ込む理由が分かりません。イーロン・マスク氏が経営する企業の関連会社の買収ならともかく、なぜ全く畑違いのtwitter社の買収にそんな大金をかけようとしているんでしょうか? 買収して具体的に何がしたいんでしょう? まだその件について詳細は報道がされていないので、イーロン・マスク氏の意図は明らかになっていませんが、これまでのイーロン・マスク氏の動向からtwitter社買収の目的がなんなのか?予想してみたいと思いますー。結構本質を突いた予想だと思いますよ~。

スポンサーリンク

◆ トランプ氏がアカウント復活しても「Twitterに戻らない」と言った理由についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
トランプ氏がアカウント復活しても「Twitterに戻らない」と言った理由は?なぜなのか? 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

イーロンマスク氏がtwitterを買収する理由は何か?

ツイッター
Photo by Brett Jordan on Unsplash

イーロン・マスク氏がtwitter社を買収する理由として、現時点で伝えられているのが以下の事になります。

ツイッターは世界の言論の自由の基盤になりうるが、今のままではその社会的責務を果たせず、変わらなければならない。

私が会社の潜在的可能性を引き出す。

引用:NHK NEWS WEB 2022年4月15日配信号より

要約すると、現在のtwitterは言論の自由が守られていないという事みたいです。twitter社の規約に反するツイートをした場合、アカウントが永久凍結されることを不服に思っているようです。

イーロン・マスク氏がtwitter社を100%買収した暁には、twitterを言論の自由が完全保証されたSNSプラットフォームにする、という事の様なんですよ。

でもこれ、何のため?
そんな事に5.4兆円も使う?

上記の、イーロン・マスク氏の主張、あくまでも表向きの言い分ですけど、「言論の自由」を振りかざしたところを見ますと、思い浮かぶ人物がいますよね。それは。。。

元アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏です!

ブログ主

あーなんだ、
そういうことか!!

この人の名前が上がると、いろいろ見えてきますよね。
元アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏と言えば、2021年1月8日に、twitterのアカウントを永久凍結されtwitterを追放されていますよね。ドナルド・トランプ氏がなぜ、twitterのアカウントを永久凍結されたかと言えば、2021年1月6日に起きた、アメリカ議会議事堂への暴力的な侵入をtwitterを介して奨励した事が原因でした。ドナルド・トランプ氏はそれまでありとあらゆる政策をtwitterを介して行っていました。アメリカ大統領がアメリカ国民ひとりひとりに直接呼びかける手段としてtwitterはなくてはならないツールだったわけです。ですが、現在、ドナルド・トランプ氏にはtwitterのアカウントがありません。代用のSNSプラットフォームも自らの資金を投入して立ち上げるという話も出ていました。しかしやはり、いかに有名人のドナルド・トランプ氏が立ち上げたとしても、twitterを越える影響力を持つSNSプラットフォームはあり得ない、という結論に達したんやと思います。ドナルド・トランプ氏のtwitterアカウントを復活させる、これがイーロン・マスク氏のtwitter社100%買収の理由なんだと思うんですよー。

スポンサーリンク

なぜ今、ドナルド・トランプ氏にtwitterアカウントが必要なのか?

なぜ今、ドナルド・トランプ氏に
twitterアカウントが必要なのか?それは。。。

ドナルド・トランプ氏は
2024年のアメリカ大統領選に
出馬するからです!

ドナルド・トランプ氏、2024年のアメリカ大統領選で勝つためのツールとして、どうしても、twitterのアカウントが必要になったんやとボクは思うんですよー

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

じゃぁなぜ、イーロン・マスク氏がドナルド・トランプ氏のためにそこまでするのか?

まーここまでの仮説が正しかったとして、じゃぁなぜイーロン・マスク氏は5.4兆円もの資産を投じてドナルド・トランプ氏のためにそこまでするのか?というところですよねー。

それはですねー、アメリカの現大統領のバイデン大統領とイーロン・マスク氏が不仲と言うことが大きく影響していると思われます。バイデン大統領は、事あるごとにイーロンマスク氏のテスラ社を無視してフォード社やGM社の電気自動車を称賛しているんですよ。バイデン大統領がテスラ社、イーロン・マスク氏を無視し続けるのはバイデン大統領は長年にわたりフォード社やGM社の従業員が構成する全米自動車労働組合(UAW)の支持を受けているんですよ。いわゆるバイデン大統領の重要な票田、支持団体なわけです。新参のテスラ社、イーロン・マスク氏はこの全米自動車労働組合に敵対的な立場をとっていて、テスラ社の従業員は高収入を得ていて労働組合も組織していないとのことなんですよ。そんな背景もあって、バイデン大統領とイーロン・マスク氏はめっちゃ仲が悪いといいますー。

アメリカは、2024年までに再び月にアメリカ人宇宙飛行士を送り込もうとしています。今後、アメリカは宇宙開発にかなり多額の予算が組まれることになります。電気自動車製造のテスラ社だけでなく、宇宙事業にも携わるイーロン・マスク氏。イーロン・マスク氏の宇宙開発事業であるスペースX社にとっては、そりが合わないバイデン大統領と組むよりも、相性のいいドナルド・トランプ氏と組んで宇宙開発の仕事がしたいと熱望しているんだと思います。

バイデン大統領を引きずり降ろして
ドナルド・トランプ氏と仕事をするためなら、
5.4兆円の出費も厭わない

という事なんやと思いますー。

ちなみに、2023年度のNASAの予算が259億7380万ドルで議会に提出されたそうです。日本円にして3.23兆円です。単年の予算が3.23兆円ですよ。翌年以降も同額程度、もしくはさらに多額のNASAの予算がつくと思われるので、twitter社の買収に5.4兆円かかったとしても採算はとれる計算なんでしょうねー。

イーロン・マスク氏はビジネスマンですからね。お金をドブに捨てるような真似はしませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

イーロン・マスク氏のtwitter社の買収に対して、twitter社は「ポイズンピル(毒薬)」という買収防衛策をとって抵抗すると発表しています。twitter社からしてみたら降って湧いたような買収騒動ですが、イーロン・マスク氏の買収の動機が上記のような私怨がらみということになるとtwitter社が守り切れるか微妙ですよね。twitter社がドナルド・トランプ氏のアカウントを復活させて、今後ドナルド・トランプ氏が何を発言しようが邪魔をしないと約束すれば、イーロン・マスク氏も買収から手を引くとは思いますけどね。でもそれをするとtwitter社はポリシー捨ててしまうことになりますからね。。。どうなりますかね。。。

ボク自身もtwitterユーザーですし、今後の展開気になっています!!

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる