FREE FOWLSからのお知らせ

石垣島・桃林寺、2021年問題が発生。。。

目次

ボクが毎月2回参拝している桃林寺で問題が発生しましたー

石垣島桃林寺

もうかれこれ15年以上、毎月1日と15日に参拝している石垣島の桃林寺。
先月、3月からちょっと様子が変化しまして、とても困ってしまっているんですよー
ボクはそれを「桃林寺2021年問題」と呼んでいますー

桃林寺2021年問題とは

これまで桃林寺をお参りしますとー
本堂の磨りガラスの戸がほんの少し、15~20センチくらい開いていて
そこから小さなご本尊のお釈迦様の像を拝覧することが出来ましたー

桃林寺のガラス戸


お参りしようとしている位置からご本尊までは4~5メートルは離れていると思いますー
ご本尊も近くで拝覧したことがないので詳細は不明ですけど、おそらく40センチほどの像だと思われますー
戸の隙間から4~5メートル先の40センチほどのご本尊を拝覧するというのは
正直、なかなか大変ではあるんですよねー
なんていうか、どーんとした感じでお参りできないというか。。。
まーそれでも、この戸を少しだけ開けてくれているのは
お参りの際は、ご本尊を拝覧していただこうという、お寺の方の配慮だと思っていますー
戸がぴしゃりと閉まっていることもあるんですが
戸が閉まっていると磨りガラスのため、ご本尊を拝覧することはできません。。。
まー戸が閉まっていることも過去に何度かありましたが
そういう時は、

あー、今日は残念だわ~
折角来たのに、残念だわ~

と、とても残念な気持ちになりつつ参拝をしていたものでしたー
本堂のガラス戸を全開しないしないのは、真偽のほどはわかりませんが
恐らく開けっ放しにしておくと、猫が本堂に入り込むから、入り込まないように
薄ーく、15~20センチ開けておいてくれているんじゃないかなーと思っていました。
でも、この15~20センチでも十分、猫は侵入出来ますよねー
で、3月に参拝に行ったときに、本堂のガラス戸は、
ぴしゃりと閉じられていたんですよー

やっぱり、猫が入るからなんやろな。。。

と思ったボクなんですが、気が付いたことがありましたー

桃林寺のガラス戸

あ!! ガラス戸が磨りガラスから
透明ガラスに変わっている!!
ちゃんと、ご本尊拝覧出来るようにしてくれてる!!

って思ったんですけど
それはぬか喜びに終わってしまいましたー

桃林寺のガラス戸が反射しまくり

透明ガラスが反射してしまって
本堂の中は全く見えへん!!

これが「桃林寺2021年問題」なんですよ

この件をお寺の方に伝えたい。。。
どうにかしていただきたい。。。

多分これ、明るい屋外からガラスを通して暗い室内を見ることが出来ない、ってことですよねー
本堂の中、電気つけてもらえば、ご本尊が拝覧出来るんじゃないか、って思うんですよー
以前からご本尊のところ、ライトアップしていたこともあったのであのライトが点いたら拝覧出来るんじゃないかと。。。
お寺の方は、賽銭箱の前に立ってお参りすることなんてないので、
おそらく、このガラスが反射してご本尊見えてないっていう事、気が付いてないと思うんですよねー
ボクが参拝するのは朝8時過ぎころで早い時間なので
社務所に行って、これこれこーいう事になってますよーって説明しに行くのもちょっと憚られるんですよねー
寺男みたいな方が境内を掃除している事もあるんですけど
その方に伝えて改善されるかなーとも思いますし。。。
桃林寺の関係者の方が、気付いて、改善してくれると非常にありがたいんですよねー
次の4月15日の参拝の時には
改善されていると嬉しいんですけどねー。。。
この件、改善していただかないと
今後、一切、ご本尊は拝覧出来ないってことになりますから。。。


沖縄ランキング

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる