FREE FOWLSからのお知らせ

沖縄・国際通りの入口にあった「おきなわ屋」2021年4月に閉店→コロナ民間検査場に→国際通りにコロナ検査場が集中

スポンサーリンク

目次

沖縄本島の国際通り入口の「おきなわ屋」がコロナ禍で今年4月に閉店、
跡地に新型コロナ検査センターが開業

2019年11月の那覇市国際通り

沖縄ランキング

沖縄県那覇市の国際通りの入口にあった土産品店、「おきなわ屋」、
国際通りのランドマーク的なお店だったんですがー
このコロナ禍で観光客激減、一等地の家賃負担が経営に大きくのしかかり、
今年の4月に閉店したんですよー

跡地に、新型コロナの民間検査場
「新型コロナ検査センターOKINAWA」が7月初旬にオープンするとのことですー

この「新型コロナ検査センターOKINAWA」のホームページが
現時点(2021年7月1日現在)でまだ準備できていないらしく検索にヒットしませんでしたので詳細は不明なんですがー
この件を報じた7月1日配信の沖縄タイムス によりますとー
「新型コロナ検査センターOKINAWA」では主に、新型コロナの抗原検査キットの販売と、店内で検査できるサービス、その他、コロナ対策関連グッズを販売するとのことですー

へぇー
期間限定要素の強い新型コロナの検査場、
こんな一等地に作っちゃうんや~

って思ったんですけど、驚く事実が判明しましたー

実はすでに目と鼻の先にオープンしている新型コロナ検査場があるんですよー
これは穏やかではないですよねー

この旧おきなわ屋から国際通りを40m進んだところに
今年の5月にすでに新型コロナの民間検査場がオープンしているんですよねー

新型コロナ民間検査場
画像出典 : 沖縄タイムス2021年5月13日配信記事より

ACT Lab.新型コロナウイルス民間検査センター・情報センター 
住所   沖縄県那覇市松尾1丁目2-1
     1階/情報センター 2階/検査センター
営業時間 平日のみ 9:30~15:30(12:00~13:00除く) 

本当に目と鼻の先なんですよね。2軒隣りなんですよー
コチラはPCR検査と抗原検査、両方できるみたいですー
国際通り、今後は新型コロナの検査場のシェアの奪い合いの戦場と化すんでしょうか。。。
あまりにも近すぎて、驚いていますー
沖縄あるあるとしては、「これ儲かってる!」となると、一気にみんなそれに飛びつく傾向がありますので
新型コロナの民間検査場、今後もいたるところに乱立する可能性がありますー

政府の新型コロナ対策、対応が東京オリンピック開催ありきで
いろいろ手が加わって、よくわからない状態になっていますけど、
今後、ワクチン接種の証明やPCR検査陰性証明なんかが生活の中で
普通に必要になる世界が来るのであれば、もっと身近に検査場がないと成立しませんよねー
それを見込んで関連会社が動き出しているのかもしれません。。。
それにしてもなんでこんなに至近距離で撃ち合うようなことするんですかねー
お互い距離とって、ゆっくり商売したらいいのにって思うんですけどねー
まー食うか食われるかみたいな厳しい世界がリアルな世界なんですかねー

沖縄県によりますと、令和3年の6月時点で
沖縄本島で新型コロナの検査が受けられる施設が6か所あるようですー
詳しくはコチラ 

スポンサーリンク

石垣島には民間の新型コロナ検査場(抗原検査)は1か所のみです

沖縄本島では各所に民間の新型コロナのPCR検査場が出来ていますが
石垣島では個人の希望で受けられる新型コロナのPCR検査場は1軒もありません。
石垣空港内にPCR検査場が最近オープンしましたが、現状では旅行者のみしか対象としていません。
ですが、今後は地元住民や飛行機乗務員なども検査対象になるように調整される見込みとのことですー

現状では
新型コロナの抗原検査ができる民間病院が
1軒だけありますー

上原内科医院 
住所 沖縄県石垣市登野城548-4
電話 0980-88-7068

新型コロナ抗原検査 (採血から15分で結果が判明)
■ IgM抗体(初期抗体)感染から1~2週間以内を意味します。
■ IgG抗体(常在抗体)感染から2週間以上経過している事を意味します。
料金は7,700円(税込)

沖縄本島と比較すると、石垣島の状況はちょっと遅れてるなー感は否めないので
沖縄本島で民間の新型コロナ検査場が流行ったら、石垣島にも出来るかもしれません。

7月16日追記
7月17日より石垣島に初の民間PCR検査場が南ぬ浜町にオープンしましたー
沖縄PCR検査センター八重山店

でも、このご時世、
そもそも現状でコロナの症状も出ていない人が
自ら新型コロナの検査、お金払ってする人、どんだけいますかねー

Photo by L N on Unsplash

新型コロナに感染した人のほとんどは、無症状や軽症だったりしますよねー
要するに普段と何も変わらないってことですよ。
実質的に新型コロナに感染しても重症化して死んでしまう可能性は低いので、
率先して自らコロナに感染しているか調べるメリットってあんまりないと思うんですよ。
身近なところからコロナの感染者が出て、
自分が運悪く、その感染者の濃厚接触者となってしまったのなら
行政検査を受けなければならないので
それはもう強制でしょうから、みんな検査受けると思いますけど、
症状も出ていない状態で新型コロナの検査受ける人っていますかねー、って思うんですよー

陽性がでてしまったら、損しかないじゃないですかー
仕事もできない、会社に迷惑がかかる、家族もみんな濃厚接触者になって
さらにそこから濃厚接触者が拡がって。。。
もし、大金かけて旅行計画していたら全てパーになりますよねー
旅行に行く時に推奨されているPCR検査は出発の72時間前とされているので
そのタイミングで陽性判明ならキャンセル料がかなり高額になりますー
そういう事考えると、PCR検査が義務でない現状では、
検査受けようっていう気になりませんよねー
もし陽性になったらめちゃくちゃ損ですし、面倒ですもん。。。

PCR陰性証明がなければ生活が成り立たない、
ワクチン2回接種証明がないと生活が成り立たない、
みたいなならない限りは、だれも進んで検査を受ける人はいないと思います。
そういう世界が来るとみこんで、
今回のような民間の新型コロナの検査場が出来ているんですかねー。。。

現状では、那覇市国際通りの民間の検査場利用する観光客の方は、
旅行から帰った翌日からすぐに仕事で、会社に陰性証明出さないといけない、
みたいな方にはちょうどいい施設ってことになりますけどねー

何事にもコロナの陰性署名やワクチン接種証明が必要、みたいな世界になってしまうと、
まー検査についてはやってもらうにしても
ワクチン否定派の方が差別されることになりますよねー
単純にワクチンが怖いから打たないという方もいれば
中には持病で打ちたくても打てない方もいますからねー
この件、国はどういう風に治めるんでしょうねー
会社の経営者側はワクチン至上主義になりがちになると思いますし。。。
これ、大変ですよー

約10年位の時間が経て、きちんと治験されたコロナのワクチンや治療薬が出てきてやっと
ワクチンの否定派の方たちが納得するデータが揃うでしょうから
そこまで待たないと、差別問題は解決しないかもしれませんよねー

いろいろ厄介な未来になりそうで
憂鬱なんですよねー


沖縄ランキング

スポンサーリンク



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる