FREE FOWLSからのお知らせ

【2021年夏休み/沖縄・北海道便限定】新型コロナ無料PCR検査/抗原定量検査の予約開始~【搭乗前モニタリング検査】

目次

【7月15日予約開始】夏休み期間、飛行機で沖縄・北海道に向かう方限定
空港で無料抗原定量検査、店舗で無料PCR検査が受けられることになりましたー

空港
Photo by Mufid Majnun on Unsplash

沖縄ランキング

国(内閣官房)の新型コロナウィルス感染症対策として先日発表されていた、
夏休み期間、沖縄・北海道に向かう飛行機に搭乗する方たちを対象に
無料のPCR検査/抗原定量検査がうけられるというコロナ対策(名称/搭乗前モニタリング検査)なんですが、
国と民間検査機関(木下グループ新型コロナ検査センター)の準備が整ったようで、7月15日から検査の予約受付が始まりましたー

この搭乗前モニタリング検査、ちょっと複雑で分かりずらいので解説していきますー

沖縄・北海道に向かうすべての便が対象ではない

この搭乗前モニタリング検査が実施される空港は、日本全国すべての空港が対象ではありません。
羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西空港、福岡空港からの出発便に限られますー。
しかも、空港に設置された検査ブースで出発前に検査できる体制になっているのは
羽田空港、伊丹空港、福岡空港のみになります。
この3空港では出発前に空港で抗原定量検査が無料で受けられますー
(※検査は予約必須。この場合、無料のPCR検査は受けられません)
成田空港、関西空港には空港での検査体制がないので、
事前にこの搭乗前モニタリング検査を提供している「木下グループ新型コロナ検査センター」の店舗で
搭乗日の2日前までに無料のPCR検査実施できるように予約を完了する必要があります。
(※店舗での検査はPCR検査のみ無料。抗原検査は対象外)
「木下グループ新型コロナ検査センター」の店舗は都内(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)にしかないです。
(※店舗情報及び来店検査の流れはコチラ )
成田空港利用の際は、都内の店舗もしくは羽田空港内の検査ブースでPCR検査を予約の上検査を受けます。
関西空港利用の場合は、関西圏に「木下グループ新型コロナ検査センター」の店舗がないので、
伊丹空港の検査ブースでPCR検査を予約の上検査を受けます。
空港に検査ブースの無い成田空港、関西空港では検査キット事前配送型の検査も予定されているそうですが、
実施は8月からのようです。

う~~ん、非常に
分かりずらい。。。

そうなんです、すごくわかりずらいんですよー
急遽決まった空港での無料検査、期間も夏休み期間だけとあって、
関連するホームページなど見ても親切な誘導が施されていないんですよねー
詳しくはコチラ 

無料の検査の予約の方法が分かりずらい

搭乗前モニタリング検査は事前予約が必須となっており、予約なしで空港の検査ブース、店舗に出向いても、
その場で予約を入れる形になるとのことなので、場合によっては当日の検査がいっぱいの場合もあるので、
事前に予約しておいた方が安心です。
無料検査の予約は「木下グループ新型コロナ検査センター」のホームページ から手続きすることになるんですが、
現時点(7月15日)で「搭乗前モニタリング検査」や「沖縄・北海道便無料検査」等の表記が全く見当たりません。
問い合わせしたところ、沖縄・北海道便無料検査を予約される方も、
一般の有料検査と同じ手順で予約を入れればいいそうです。
検査時に搭乗券などを掲示して、そこで無料になるとのことでしたー
その件についての説明もどこにもないのでとても分かりずらくなっています。

まとめ

  • 対象路線 羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西空港、福岡空港発、沖縄・北海道行きの路線
  • 検査機関 木下グループ新型コロナ検査センター
  • 対象期間 7月20日~8月31日搭乗分
  • 対象者  対象路線の搭乗者のうち希望される方
  • 無料検査を受けるには事前予約必須(7月15日より予約開始)
  • 無料検査の予約は一般の有料検査予約と同じ手順で手続き。検査当日に搭乗券掲示して無料に。予約はコチラ 
  • 出発空港に検査ブースが設置されている空港では無料の抗原定量検査を受けます。
    (※PCR検査は対象外)
  • 出発空港に検査ブースがない空港では搭乗日の2日前までに店舗で無料のPCR検査を受けます。
    (※抗原定量検査は対象外。関西空港の場合は伊丹空港の検査ブースで搭乗日の2日前までに無料のPCR検査を受けます。) 詳しくはコチラ 
    検査キットの事前配送の検査は現在準備中。(8月上旬開始予定)

この無料の検査を受けることによって、
沖縄・北海道便につきましては、出発前にコロナの感染の有無が判明することになります。

ここで重要なのは

結果が陽性疑いであった場合
搭乗はできません。
ご家族など濃厚接触の疑いがある方の搭乗も
ご遠慮いただきます。

とのことなんですよー
これどうですかー
さらに、

搭乗キャンセルに伴う費用が発生する場合は
搭乗者負担となります。

これはちょっとあれですよね~
これ、無料とはいえ、検査受けるメリット
ありますかね~~

性善説に立って、旅先に迷惑かけないように、出発前に検査受けようと思った気持ちが
陽性疑いですべての旅行の計画が中止になって、キャンセル費用も全て自腹。。。
ってことやったら、これ、損得勘定で考えたら、もう言わずもがなですよねー。。。

要するに、政府がやってる感を出しただけってことですよー
実質的にはこれ、やる意味がないのと同じなんですよねー

前にも書きましたけど、ハワイのように、まず「ハワイに到着した人は全て10日間隔離されます」、
っていう大前提があって
それを回避するために、検査プログラムで陰性証明したり、
ワクチンパスポートを提出して10日間の隔離を免除してもらおう、という事なんですよ。
それなら出発前の陰性証明にもやる価値はありますし、やる意味もあるんですよ。
日本のこのやり方は全く旅行者にやるメリットがないと思うんですけどねー

さーもう、来週から夏休み、スタートしますー
東京では新型コロナの感染者、再び1000人超え、連発しだしましたねー
昨日は1308人でした。
デルタ株、いよいよ本領発揮してきた感じですー

う~ん。。。
う~ん。。。
う~ん。。。

もう、う~んとしか言えませんよねー
まーでも感染者の9割が50代以下ってことなので、
高齢者に打ったメッセンジャーRNAワクチンは効果出てるってことなんですよねー
そこが救いですかねー


沖縄ランキング

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

FREE FOWLS おすすめTシャツ5選/FREE FOWLS 公式ホームページ/FREE FOWLS ショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる