FREE FOWLSからのお知らせ

【GIGAスクール構想】石垣島の小中学校でオンライン授業が開始できるのは12月頃だそうです→コロナ第6波に間に合うか!?

GIGAスクール構想
Photo by Carl Jorgensen on Unsplash
ブログ主

コロナ禍になる以前のの2019年に文部科学省が打ち出した、
GIGAスクール構想。
義務教育の子供たち1人に1台、学習用のPCと高速ネットワーク環境を整備する事業計画なんですが、これまさにコロナ世の学校教育に必要なものでしたよねー
欲を言えばもう2年早く発動されていたら、子供たちは新型コロナの感染拡大で学校が休校になっても学習の機会を一切失うことはなかったんですけどね。。。
離島ではすでに子供たちに学習用PCが配布され、オンライン授業が始まっているところもありましたが、石垣島では遅れていました。
それでも12月頃までには、オンライン授業が開始になる見通しとのことですー

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
目次

石垣島の小中学校で、
ようやく子供たち一人一人に学習用PCが配布されるとのことですー

これを報じた地元新聞によりますとー、
石垣島の小学校を併設していない単独中学校5校ではすでに高速ネットワーク環境の整備が済んで、
教員用端末と、生徒用の学習用PCが納品済みとのことで、10月初旬から学習用PCを活用した授業が開始できる状態とのことですー

その他の石垣市の小中学校では
12月から学習用PCを活用した授業の開始を目指しているとのことですー

コロナ世になって1年半。。。
新型コロナの感染拡大で、子供たちのコロナの感染で
学級閉鎖や学校閉鎖がたびたび繰り返された石垣島。
その間、子供たちの学習機会は失われ、勉強は遅れる一方で子供たちの学力低下が懸念されていました。

このご時世、勉強できないと
ますます貧富の格差が
生じてしまいますからね

子どもたちの将来に悪影響になってしまいますー
でも、これで学校が休みになっても授業を受けられる環境が出来たので
そこに気兼ねすることなく、
コロナ対策もより万全に、強固にできる環境も整うことになりますよねー

学習用PCを使った授業は慣れるまで多少時間もかかると思いますが
出来るだけ早く、先生も子供たちも難なく扱えるように努力しないとですー

12月と言えば
コロナの第6波が襲来してきそうな
タイミングですからねー

第6波襲来時にはオンライン授業できるようにしておかないとですよー

スポンサーリンク

石垣島では新型コロナ感染者数、減少傾向でしたが
クラスターが発生してまた増えてきています

石垣島では9月の初旬頃までは、島の高校でクラスターが発生したりして
新型コロナの感染者数は多かったんですが、9月5日以降、急に減ったんですよねー
これは9月12日に緊急事態宣言解除にもっていくための戦法やろなーと思っていまして
しばらく感染者少ない日が続いていました。
結果的には12日に緊急事態宣言解除にはならなかったので
次の期限となる9月30日に向けて
PCR検査数調整して少な目の感染者数をキープしようとしていたと思うんですが
14日に島の高齢者介護施設でクラスターが発生。
その後はクラスター由来ではないところからも感染者が出始めて
再びちょっと多めの感染者数になって来ていますー

水鳥 広之さんによるBlue and Periwinkle Minimalist Monotone General Civil Society SDG Facebook Post

寄せては返す波のようですよねー

一時は、このまま9月30日に緊急事態宣言解除になるかなーと思った時もありましたが
こんな感じですと、またいつ子供たちの中から感染者が出て
学級閉鎖や学校閉鎖がいつ起きても不思議じゃない状態なんですよー

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング

コロナとの闘いはまだまだ先は長い、
という事が判明してしまいましたー

尾身氏「コロナとの闘い、2~3年かかる」 制限緩和に慎重姿勢

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は15日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、「一生懸命ワクチン接種を頑張っても、すぐにこの疾患を制圧してゼロにすることはできない」と前置きした上で、コロナとの闘いが続く期間について「2~3年プラスかかる」と述べ、当面続くとの見通しを示した。
 立憲民主党の尾辻かな子氏への答弁。今後の見通しについて問われた尾身氏は「当分、このウイルスとの闘いは続けていく必要がある」と言及。「正確には神のみぞ知ることだが、ワクチンや薬がどこにでもあるインフルエンザのような感覚になれば、社会の不安感はなくなる。そういうふうになるのは2~3年プラスかかる」と語った。
 尾身氏はまた、政府が検討している人の行動や経済活動の制限緩和について「ワクチン接種率が上がることはいいことだが、急に緩めると必ずリバウンドが来る」と慎重姿勢を示した。【矢澤秀範、小鍜冶孝志】

引用 : 毎日新聞9月15日配信号より

あと2~3年か~~
まーでもそのくらいかかるかー

全て、安倍元首相と菅首相のコロナ対策のまずさが原因ですよね。
コロナ禍に誰が首相をやっても同じだと思われる方もいるかもしれませんが、
この両首相が東京オリンピックを強行開催に導いていなかったらそれは当てはまると思うんですが
強行開催した時点で、この2人の首相には大きな責任があると思うんですよねー
早々に、東京オリンピックを中止にしていたら、もっと効果的なコロナ対策が打てていましたからねー

まもなく新しい首相が誕生しますけど
次の首相は大丈夫かなーって思っちゃいますー

まー来年以降は、とりあえずコロナ禍での子供たちの授業は保証される体制が整うようなので
その件はいい方向に進みましたよねー
1個1個、コロナ禍に最適化した世の中に変えていかないとですよー

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
よかったらシェアしてね!

FREE FOWLS おすすめTシャツ5選/FREE FOWLS 公式ホームページ/FREE FOWLS ショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる