FREE FOWLSからのお知らせ

【台風16号「ミンドゥル」発生!】台風の名前の決め方について調べていたら、青春時代の懐かしい1冊の本に行き当たりました~【空の名前】

気象衛星ひまわり
台風16号が発生しました!!
出典 : 気象庁ホームページ気象衛星全球可視画像より(一部加工施しています)
ブログ主

9月23日夜、グアム島付近のマリアナ海峡で
台風16号が発生しました!!
この台風、北西にゆっくりと進みながら
かなり発達しそうなんですよ~
週明けには925hPaに発達する見込みですー
まだ進路は確定していませんが、
この台風が向かった先は大きな被害に見舞われそうなんですよー
さて、それはそれとしましてー
台風16号には「ミンドゥル」っていう名前がついていますー
「ミンドゥル」って何か? って思いませんかー思いますよねー
台風には毎回、何号、何号の他に名前がつくじゃないでいすかー
あれ、誰がどのようにして決めているのか、
気になったので調べてみましたー
そして調べていくうちに過去の世界に迷い込んで、
「空の名前」というタイトルの一冊の懐かしい本に
行き当たってしまいました。。。
しがないおっさんの、青春時代が蘇りました!!

何それ!! キモイ!!

ブログ主

いや、いや、キモくはないですよ、
大丈夫ですよ。。。
ハハハハハ。。。。

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
目次

台風16号発生
「オッス!! オラ、ミンドゥル!! ヨロシクな!!」

猿
Photo by Jerome Sallerin on Unsplash

9月23日の21時頃、グアム島のあるマリアナ諸島付近で台風16号が発生しました~
台風16号の名前は、ミンドゥルですー

は?? ミンドゥル??

そうなんですよ、
台風って発生すると、毎回、変な名前が命名されますよねー

今回の「ミンドゥル」の名付け親は
北朝鮮だそうですー
意味は「タンポポ」。

中心気圧が925hPa超えるんやないやろか。。。
と心配される強烈な台風が、タンポポって。。。
って思いますよねー

アメリカのハリケーンには女性の名前がつく、っていう話は
割と昔から話題になったりしていましたのでボクも知っていたんですがー
実はアメリカのハリケーンの名称は女性名のみだったのは、70年代までで
1979年からは男性、女性の名前が交互に命名されるようになっているんですよー

店長

そうなんや~~

男性名のハリケーンってあんまりイメージにないのは、
単純にハリケーンに全く意識が向いてないからなんでしょうけど。。。

さて、では日本の台風の名前はどうなのか?
誰が命名しているのか気になって調べてみましたー

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング

【予言】まだ発生すらしていませんが
台風17号が出来たら、名前は「ライオンロック」!! 
台風18号が出来たら、名前は「コンパス」!!

まだ発生すらしていない台風17号の名前はライオンロック
台風18号はコンパスっていう名前になりますよ~
これ、でたらめじゃないですよ。マジなんですよ

「真実」と書いて「マジ」と読む

あれですよ

え!! なんで分かるば?!

って思いますよねー
これ、種明かしすると、台風の名前はあらかじめ決まっているとのことなんですよー

店長

そうなんや~~

まず、台風の名前を決めているのが台風委員会という組織ですー

何それ、ウケる~~

ってなりますよねー
台風委員会て。。。って思うじゃないですかー
でもこれちゃんと実在する大まじめの委員会なんですよ。

台風が発生するエリア
画像出典 : Qikeruホームページ中学理科より

台風委員会というのは、
北西太平洋および南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織のことで
日本を含む14の国と地域が加盟しているとのことですー
その14の国と地域がそれぞれ10個ずつ台風の名前を持ち寄って、
あらかじめ140個の名前が集められていて、
その名前を順繰り、順繰りに使用するとのことですー

台風委員会に加盟している14の国と地域は下記になりますー
※順番は台風に命名する国の順番です。

  1. カンボジア
  2. 中国
  3. 北朝鮮
  4. 香港
  5. 日本
  6. ラオス
  7. マカオ
  8. マレーシア
  9. ミクロネシア
  10. フィリピン
  11. 韓国
  12. タイ
  13. アメリカ
  14. ベトナム

加盟国のほとんどがアジア諸国なのに、アメリカが含まれているのがちょっと違和感あったんですが
ミクロネシアの島々、グアムやサイパンはアメリカ領でしたねー

スポンサーリンク

準備されている台風の名前

準備されている140個の名前はコチラ で見ることが出来ますー
日本は星座の名前から10個提案しています。

  • コイヌ
  • ヤギ
  • ウサギ
  • カジキ
  • カンムリ
  • クジラ
  • コグマ
  • コンパス
  • トカゲ
  • ヤマネコ

他の国や地域からは、動物や植物の名前や伝説や神話に登場する神様や人の名前、
変わり種ではスイーツの名前なんかがありますー

記録的な被害をもたらした台風などに使われた名前は、永久欠番になるそうです。
歴史的に見て、同じ名前の別の台風が存在するとややこしくなりますからねー
なので、記録的な被害をもたらした台風に名前が使われたら、その後は使えなくなるそうです。
名前は1個減ったら1個補充されて、常に140個の状態が保たれているそうですー

1年あたり30個くらいの台風が発生するとしても、140個準備してあれば
4年以上は名前が被る事無いんですよ。よくできたシステムですよね。

このように加盟国にちなんだアジア名が台風に充てられるようになったのは
2000年以降の事だといいますー
それまでは、台風もアメリカがハリケーン同様に、英語の人物名を命名していたとのことですー

台風委員会が台風に共通のアジア名をつける理由は、
アジア各国・地域でお互いの文化を尊重し、理解し合い、
慣れ親しんだ名前を付けることによって関心を持ってもらい、
台風の防災意識を高めようとする狙いがあるそうですー

店長

なるほどね~~

ボクは台風にアジアの国々のあらゆる名前が充てられているのは知っていましたけど
台風委員会っていうものがあるってことは初めて知りましたねー
勉強になりましたー

スポンサーリンク

さて、台風16号「ミンドゥル」の今後は?

台風16号
出典 : OFFICIAL U.S. NAVY WEBSITE /NRL Tropical Cyclone Pageより

台風16号「ミンドゥル」は、北西に進路を進めていますけど、
まだまだここから進路ズレてくるでしょうからねー。。。
思ったよりも北上せずに、西に流されてくると石垣島が非常にピンチになるんですよー
勢力も925hPaもあってなかなか強力なんでねー
これ、このまま本土に直撃コースっていうのも、なかなかの被害が出ると思いますよ。
本土の建物は沖縄の建物のように台風を意識して建ててないですからねー
台風対策もしっかりしないと相当の被害になるかもしれません。。。
今後の進路に注目ですよー

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング

「台風の名前」について記事を書いていたら、
「空の名前」という一冊の本の事を思い出しましたー

あ~~
「~~の名前」つながりってことね
あるかも~~

今回、台風の名前はどうやって決まるのか? についていろいろ書いていたところ、
ふと一冊の本のことを思い出しましたー

空の名前 高橋健司・著 光琳社出版

「空の名前」という気象写真集ですー
ボクがまだ東京住みの20代の頃に、めっちゃセンスのいい友人からプレゼントされた本なんですよー。
石垣島に引っ越す際も、処分せずに一緒に島に連れてきたんですけど
長い間、荷物の中に埋もれていましたー
今回、台風の名前の記事を書いていて、ふとこの本のことを思い出して引っ張り出してきたんですよー

店長

なちゅかーさん!!

中身は、雲の写真と雲の名称と解説、後は気象に関する様々な写真と解説が書かれているんですが
その解説文が学術書的な硬い文章ではなく、
優しくてどこか温かみのある文章で、
当時の繊細だった20代のボクには、痛く心に染み入る内容だったんですよねー

雲の写真と雲の名称の他、分かりやすく解説分も添えられていますー


多分、有名な本なんだと思うんですよ。
ご存じの方もいらっしゃるかと。。。
当時、90年代だったんですけど
その時大人気だったバンド、DREAMS COME TRUE (ドリームス・カム・トゥルー)の楽曲の
「眼鏡越しの空」の歌詞の一説の中にこの本の事が歌われていて、
曲を聞いたときに、あーこの本、吉田美和さんも持ってるんだーって思ったんですよー

DREAMS COME TRUE – 眼鏡越しの空 (from DWL 2015 Live Ver.)

「眼鏡越しの空」のアマゾンミュージック、有料ダウンロードはコチラ 

歌詞に登場する「背表紙の三日月」


この本と出会ってからというもの、ボクは、

店長

そうか、雲にも名前があるのか~

と思って、ボクが写真を撮る際には、
空の構図もものすごく意識するようになったんですよねー

川平湾かたぶい
ボクと雲と石垣島川平湾

そんな「空の名前」の本ですが、ボクが持っているのは
光琳社出版の第10刷で1993年の本になるんですけど
この出版社が1999年に倒産してしまって、
その後は角川書店が引き継いで出版が続いているそうですー
現在でも、角川書店版はアマゾンなどでも購入することが可能 です。
ですがまんまオリジナルと一緒というわけではなく、改訂版とのことですー
ボク自身は角川書店版の方は持っていないのでどのくらい違うのかは分からないんですが
角川書店版は価格が安くなった分、印刷や紙のコストを削ったようで
新品ではもう買えない光琳社出版の方が上等な本だってことが、ネットの情報にありましたー
まーでも、オリジナルの光琳社出版の現物をご存じなければ何も感じないとは思いますけどね。。。

ちなみに光琳社出版の方はもう中古でしか手に入りません。
中古は安いです。新品で当時3000円位した本ですが、150円ついてますね。
まー20年以上前に発刊された本なのでそれなりに経年劣化してると思いますけどね。
※「空の名前」の中古本はコチラ  さらにコチラ 

スポンサーリンク

まとめ

そんなわけで、「台風の名前」は14の国と地域からなる台風委員会が、
持ち寄った140個の名前の中から順繰りに台風に名前を付けているという事がわかり、
ボクの大事にしていた「空の名前」という本は元の出版社が倒産していて、角川書店の改訂版しか新品で手に入らないという事がわかりましたー
まーボクの持っている「空の名前」はウチのお店の文庫コーナー(全て非売品)に置いておきますので
ご来店際にご覧になってみてくださいー

では、台風16号「ミンドゥル」の警戒、怠りなく!!

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
よかったらシェアしてね!

FREE FOWLS おすすめTシャツ5選/FREE FOWLS 公式ホームページ/FREE FOWLS ショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる