FREE FOWLSからのお知らせ

【これは揉めそう】石垣島ポンツーン計画、どうなる!! 八重山ダイビング協会VS八重山漁協+JTB沖縄

スポンサーリンク

目次

ポンツーンってご存じですか?

ポンツーン
FRP浮桟橋(ポンツーン)/画像出典 : ヤマハホームページより

ポンツーンとは、海に浮かべる浮桟橋のことだそうですー
石垣島ではユーグレナ離島ターミナルで高速船の乗り降りの際に
海に浮かべた浮桟橋がこのポンツーンと呼ばれるものなんですよー
オーストラリアのケアンズ周辺のグレートバリアリーフでは
このポンツーンを大改造したものを洋上に設置して、
マリンレジャーの拠点として観光客を楽しませているとのことですー
ポンツーンを改造して、
シュノーケリングやダイビング、海中展望室、グラスボートなどのアクティビティ、
さらに更衣室やトイレ、シャワーや飲食設備も作って、それを沖合に据え置き係留して、
そこへ観光客を船で運んで遊ばせるというもの。
簡単に言うと、

海の遊園地みたいなものですー

なんかちょっと、想像しずらいですよねー
オーストラリアのポンツーンの業者のコマーシャル動画がコチラですー

なるほど~
さすがオーストラリアやわ~

ごっつい事、しはるわ~

これを丸ごと、
石垣島に持ってこようという話が
持ち上がっていますー

ポンツーン事業計画に猛反発の八重山ダイビング協会

大手旅行会社 大崎海域に浮桟橋
ポンツーン事業計画 YDA「白紙撤回を」

 石垣島屋良部半島の大崎海域で国内大手旅行社のマリンレジャー事業の拠点としてポンツーン(浮桟橋)設置が計画されていることが分かり、八重山ダイビング協会〈(YDA、84社)が22日、「ダイビングの最重要海域のーつ」として見直しを求める嘆願書を提出する。ポンツーン設置は岩礁破砕を伴うことから八重山漁協の同意を必要としており26日の総会で議案として提出され、書面で審議される予定となっている。

 ポンツーン事業はオース トラリアのグレートバリア リーフでも行われている。 大崎海域での計画は海岸か ら約330m沖合に縦27m ×横50mの巨大ポンツーン を設置し、これを拠点に シュノーケリングやダイビング、海中展望室、グラスボトムボート、飲食などのサービスを提供する。ポンツーン本体を中心に半径500mの範囲内でアクティビティを実施する。更衣室 やシャワー室、ロッカーなども完備する。収容人数は 300人規模

 これに対してダイビング業者からは「ポンツーンの 設置場所はハナゴイリーフと言われ、魚も豊富。海岸はウミガメの産卵場所にもなっている。冬場の北風の際は30隻以上が停泊する重要なダイビングポイント。 自然環境保護の観点からも巨大なトンプロックが海中に投入されると、環境への大きな影響が出るおそれがある」と懸念の声が上がる。

  さらに「この大崎海域のダイピングポイントは島の先輩業者が漁業者との良好なコミュニケーションの中で育み受け継いできた大切 なポイント。今後も後輩たちに引ぎ継いでいきたい。 これがなくなると島の宝を 損失することになる」と危機感も募らせる。

  協会の理事17人は15日、 同業者の担当者から初めて事業計画の説明を受けたという。嘆願書では「理事一同、あぜんとするとともに 驚いている。計画されている海域は、協会をはじめ多くのマリンレジャー業者が漁業者の理解のもと利用させてもらっている最重要海域のーつ」と訴えている。

引用 : 八重山毎日新聞6月22日号より

八重山ダイビング協会(YDA)は猛反発していますー

ポンツーンの設置場所が、石垣島の有名なダイビングスポット「ハナゴイリーフ」に当たる場所なんでねー。。。
施設が出来てしまうと、このダイビングポイントに他のダイビング船が来れなくなってしまいますー

新聞記事には貴重なダイビングポイントだから反対としか書いていませんが
実際は、こんな施設が石垣島に展開されたら、ダイビングショップのお客さんをごっそり持っていかれる、
死活問題や、と思っているんやと思いますー

オーストラリアのこのポンツーンのツアー料金を見てみますとー

  • 大人 22000円
    クルーズ往復乗船券、ケアンズ出航までのコーヒー・紅茶とビスケットサービス、シュノーケル用具レンタル、ライフジャケットレンタル、トロピカルビュッフェランチ、半潜水艇ツアー、クラゲよけスーツレンタル、環境保護税が含まれる
  • 子供 12000円
    クルーズ往復乗船券、ケアンズ出航までのコーヒー・紅茶とビスケットサービス、シュノーケル用具レンタル、ライフジャケットレンタル、トロピカルビュッフェランチ、半潜水艇ツアー、クラゲよけスーツレンタル、環境保護税が含まれる
  • オプション
    ファンダイビング 1本約10000円
    体験ダイビング  1本約15000円
    ボートで行くシュノーケリング 5000円

オーストラリアのポンツーンは、港から船で1時間ほどかかる場所にあるので
料金はまーまーお高め。
石垣島の場合は陸地から目と鼻の先なので、もう少し安い設定料金になると思いますけど
マリン業者のお客さんのほとんどを持っていかれても不思議じゃない感じはしていますー

ただでさえ、マリン業者はこのコロナ禍で、2年続けて夏の稼ぎ時を失いそうな状態ですし、
国からのまともな支援の対象にもなっていません。。。
自前のダイビング船や宿泊施設を維持していくのも大変な状態のところへ、
こんな話が転がり込んだら、シャレにならんわーといったところでしょう。。。

スポンサーリンク

一方、八重山漁協はポンツーン事業を承認!

国内初のポンツーン事業へ
JTB沖縄 八漁協が承認

 八重山漁協(上原亀一代表理事組合長)は26日、双葉公民館で開いた2021度通常総会で、石垣島屋良部半島の大崎海域で国内大手旅行社が計画するポンツーン(浮桟橋)事業を賛成多数で承認した。事業者によると、国内初のポンツーン事業となる。実際の設置・運用まで1年半以上かかる見通し。
 計画しているのは㈱JTB沖縄。担当者によると、 新型コロナウイルスの影響で厳しい事業展開を強いられているが、今回の投資案件は継続。「日本で最初の事業として注目されている。グループのネットワークを生かした販促を行う。 八重山観光の大きな武器となるよう一生懸命努力する」と説明した。
 説明資料によると、ポンツーンで目指したい姿に▽ 八重山でのマリン事業の模範となる運営▽旅行者のマナー違反やごみ問題・汚染を抑止する拠点▽自然資源を保護する海面利用の推進 ▽安全・安心に海を利用で きる運営ーを挙げ、バリアフリー設計の検討やポンツーン付近でのサンゴ植え付け、ポンツーンを利用した海洋教育の推進などを行う予定。
 ポンツーンは縦27m×横 50m。約330m沖合に設置し、本体を中心に半径500mの範囲内でシュノーケリングやダイビング、グラスボトムボートなどのアクティビティを計画。ポンツーン内で海中展望室、飲食などのサービスも提供し、更衣室やシャワー室、 ロッカーなども完備する。 収容人数は300人規模。 固定式ではなく移動が可能。台風時や冬場の運休期問には石垣港への退避を想定する。
  八漁協とは、海面利用協力費だけでなく実務委託費用を納める形で共同での取り組みを展開したい考え。 具体的な内容については今後、協議する。アクティビ ティの内容についても事前の相談を行い、許可がない 場合は実施しない。

 オーストラリアのケアンズでは、グレートパリアリーフのサンゴ礁と魚を観賞するためのポンツーンが複数あり、20年以上にわたって人気を博しているという。
  JTBはポンツーンの製作をケアンズの業者に依頼。海底の地形などの調査 を行った後、設計して製造する。新型コロナの影響で業者による調査時期は確定していないが、現段階では設置までに約1年半を要す るといつ。

 総会では当初、岩礁破砕に伴う議案を挙げていたが、出席者から「この時点で全部を承認するのはリスキーだ」などの指摘を受け、事業実施の賛否のみを問う議案に変更した。岩礁破砕の詳細が確定した段階 で再度、特別決議事項として総会に諮る。

引用 : 八重山毎日新聞6月27日号より

一方、八重山漁協はポンツーン承認どころか、
事業を持ち込むJTBと共同で事業運用するようですー

八重山漁協が管理している漁場の場所は知りませんが、
今回計画している大崎沖は陸地から300mほどしか離れておらず、
ここで海人が漁をしているとは思えません。
今回の事業計画、八重山漁協にとって全く損はないどころか、
何もしなくてもお金が入ってくる事業になっているんですよねー

これは揉めますよー
八重山ダイビング協会 VS 八重山漁協+JTB沖縄

これは揉めますよねー
でも、力関係を見たら、八重山ダイビング協会が圧倒的に劣勢ですー
揉めたところでどーなんでしょう、って感じですー

今回の石垣島のポンツーン計画、オーストラリアのそれとはちょっと事情が異なっていますー
オーストラリアのポンツーンは広大なグレートバリアリーフの中にあるんですよねー

ケアンズの港から約50kmも離れていて、船で1時間ほどもかかる海のど真ん中に設置されているんですよー
そんな

海のど真ん中にあるなら、ポンツーン(浮桟橋)いくつかあっても何の問題もなさそうなんですけど
石垣島の計画では、岸から300mしか離れておらず
なんか海も汚れそうですし、イメージはあんまりよくないんですよねー
しかも、その場所は、八重山のダイビング業者が利用している領域じゃないですかー

そんな場所にポンツーン、設置はないよなー

とボクは思うんですよー

折り合うためには、設置場所、新たに探すべきですよね

画像出典 : The Ultimate Guide to the Great Barrier Reefのホームページより

今回の事業計画の場所、そこに設置されると困る業界があるんやとしたら
JTB沖縄はどこにも迷惑の掛からない場所を新たに探すべきやと思うんですよねー
もっと沖合の、誰にも迷惑が掛からない場所なら、ポンツーンはありかな、とボクは思うんですよー
ダイビングライセンス持ってない方も、気軽に八重山の美しい海を体験できますからねー
ただ石垣島に露骨な商業主義的な雰囲気が漂うのは個人的に好まないので、
陸地から肉眼で見えないような場所に設置されるといいなーと思っていますー

いいところで折り合いつけて、衝突は避けてほしいですよー

ただ気がかりなのは、このポンツーンが儲かる!!となると
猫も杓子もポンツーン!!となるのが石垣島なんですよねー
狭い海域にこんなのがいくつもできてしまうとなると、話は変わって来ちゃいますよねー
でも、JTB沖縄は良くて、他がダメなんてことも言えないと思うので
だったら最初から、全部なし!!っていう決断もありかと思いますー

ポンツーン設置した後のことまで色々考えて決めてほしいですねー


沖縄ランキング

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる