FREE FOWLSからのお知らせ

【2021年宇宙の旅】世界のロケット発射回数、中国が凄かった!

Photo by SpaceX on Unsplash

最近、ロケット発射とか宇宙関連のニュース多いですよね。つい先日の12月8日に日本の億万長者の前澤友作氏が国際宇宙ステーションISSに12日間も滞在されたというニュースがあったり、12月23日には種子島宇宙センターからイギリス企業の通信衛星を搭載したH2Aロケット45号機が発射されたり、昨晩25日にはNASAが開発した次世代大型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェップ宇宙望遠鏡」を搭載したアリアン5号機が南米のギアナ宇宙センターから発射されました。さらには、先日の23日の午後7時過ぎに石垣島の夜空に発光体が出現するという珍事があったんですよー

石垣島で目撃された謎の発行体【画像クリックで拡大】
画像出典:八重山日報2021年12月25日配信号より

この謎の発行体の正体は、中国海南省の文昌宇宙発射場から発射されたロケット「長征7号改」だそうですー。石垣島で発行体として目撃されてそうですー。なんか最近、世界は宇宙開発が活発なのかなーと思いまして、2021年、今年打ち上げられたロケットはどのくらいあったのか調べてみましたー

◆ 前澤氏の宇宙旅行についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
前澤友作氏、宇宙旅行にこだわる理由は何か?本当に行っちゃった!

スポンサーリンク

人気ブログランキング下記バナーで応援して下さい!!!お願いします!!!


沖縄ランキング
目次

2021年、世界のロケット発射回数を調べたら中国が凄かった!

2021年、世界中で発射された主なロケット(弾道飛行は除く)は140機(内1機は12月27日発射予定)にのぼるとの事でした。1年でこんなに!! 思っていたよりもだいぶ多いですー。140機のロケット発射して失敗は現時点で9機だそうですー。宇宙開発と言ったらアメリカじゃないですかー。この140機の内、アメリカのミッションで打ち上げられたロケットは50機(内3機失敗)でした。では、最近宇宙開発に力を入れているといわれている中国のロケットは何機だったかと言いますと、これが51機(内3機失敗)だったんですよー!! これ驚きでした、アメリカを上回っているという。。。そして打ち上げの技術もアメリカと中国、大差ないんですよねー。。。

毎年こんなペースでロケット打ち上げていたら、スペースデプリと呼ばれる「宇宙ゴミ」も問題になる程増えるわけですよね。。。

よかったらシェアしてね!

FREE FOWLS おすすめTシャツ5選/FREE FOWLS 公式ホームページ/FREE FOWLS ショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる