MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

共通テスト問題流出、犯人が参考にしたと思われる過去の事件。

\Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
逮捕
画像はイメージです。
Image by Лечение наркомании from Pixabay
ブログ主

今話題をさらっている
共通テストのカンニング事件、
犯人が出頭しましたね!!
1月15日に行われた大学入学共通テストの問題流出事件、昨日27日に19歳の女子学生が香川県警に出頭したとのことですー。試験の最中、問題用紙を撮影してネットを介して画像数十枚を外部の大学生(犯人が事前に交流していた家庭教師)5人に送信。そのうち2人が問題を解き解答を返信していた、という大胆不敵なカンニング行為。問題を受け取った大学生は共通テストの試験問題と知らずに解いていた、利用されたとの事。この手口、前代未聞のネットを使ったカンニング行為や!!と思ったら、過去に似たような事件が起きていました。犯人はその事件を参考にして今回のカンニングをより完璧なものに仕上げて来たと思われますー。

スポンサーリンク

◆ Z世代が沖縄旅行を敬遠する理由についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
Z世代が沖縄旅行を敬遠する理由、一つは車離れ世代だから。もう一つの理由は? 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

犯人の19歳の女学生が参考にした事件とは?

犯人の19歳の女学生が今回のカンニング行為の参考にしたと思われる過去の事件は、
2011年に起きた「大学入試問題ネット投稿事件」ですー。

大学入試問題ネット投稿事件とは、2011年に大学の入学試験の問題の一部が試験実施の最中にインターネット上の掲示板「Yahoo!知恵袋」に投稿され、第三者がそれに回答していることが発覚した事件。

引用元:Wikipedia より

※Yahoo!知恵袋とは、サービスの利用者がネット上に疑問・質問などを書き込み、それに対し第三者の利用者が疑問に対して回答するというYahoo!JAPANが運営するコミュニティーサービスですー。

この時の犯人は当時19歳の男子予備校生でした。この時のカンニング行為は京都大学、早稲田大学、立教大学の3校で行われました。警察が偽計業務妨害で捜査が始まり、数日後に犯人が保護されました。(未成年の為逮捕ではない) 試験結果は京都大学は合格点に達していなかったとの事、早稲田大学、立教大学は合格していましたが取り消しになったそうですー。犯人の男子予備校生は家庭裁判所判断で、深く反省しているとして不処分の裁定が下っていますー。

スポンサーリンク

犯人の男子予備校生がカンニングに使用した携帯電話はどんなものだったか?

iphone4
Image by kropekk_pl from Pixabay

大学入試問題ネット投稿事件の起きた2011年のスマホ事情はどんなだったかと言いますとー、当時はiphoneで言えばまだ”iphone4”の時代でした。世の中にスマートフォンが登場してまだ間もない時期です。便利さも今ほど万能なハイテク機器ではなかった頃です。この犯人の男子予備校生はドコモ回線を利用していたとの事なのでiphoneは利用していませんでした。(当時、iphone4はソフトバンクのみで契約出来ました) ようするにガラケーを使って出題された問題をYahoo!知恵袋に1文字ずつタイピングしたとのことなんですよねー。

めっちゃローテクですやん!!

実況見分で試験会場の机の下で男子予備校生がタイピングする様子を捜査員が確認したそうなんですが、驚くほど速いタイピングだったそうですー。

スポンサーリンク

今回の19歳女子学生は、
この過去の大学入試問題ネット投稿事件をアップグレードさせた可能性が高いです。

2011年の大学入試問題ネット投稿事件の時にカンニングに利用されたのはYahoo!知恵袋でしたが、Yahoo!知恵袋は回答してくれるのが全くの見ず知らずの第三者で、しかも回答が返ってくる保証のない、不確定要素の高いものでした。(家庭裁判所で不処分になったのはこの辺の計画性の無さが考慮されたのかもしれません。)
今回の19歳女子学生はその点の不確定要素を潰すために事前に周到な準備をしていますー

家庭教師紹介サイトを通して、5人の現役大学生と知り合う。

学生
Image by Adrian Malec from Pixabay

19歳女子学生は昨年12月に家庭教師紹介サイトを通して、5人の東大生を含む現役大学生をと知り合っていました。この家庭教師紹介サイトとは、家庭教師を頼みたい学生が、サイトに登録している大学生の中から希望の人を選んで家庭教師のオファーをすることを斡旋するサイトで、1人斡旋ごとに某サイトでは6000円の手数料がかかるというものですー。紹介後の家庭教師の時給、交通費、などの交渉にはサイトは関与せず、当事者同士で契約を交わすというもの。しかも今回はこの19歳女子学生と5人の大学生は家庭教師契約を交わしていたわけではなくて、

「本契約の前に先生の実力を試させてください、親がいろいろうるさいので」

と持ち掛けて、今回の共通テストの問題を送り付けて時間内に解答させようとしているですよ。

めっちゃ、巧妙な設定を作ってるんですよ~

5人の大学生に送信して、そのうち2人が解答を返信していたとのことですー

この19歳女子学生、家庭教師の大学生にはプロフィールを高校2年生としていたことも巧妙なんですよ。今年受験生ではないと刷り込んでいるんですよねー。

スポンサーリンク

試験問題は画像でスカイプを使って送信

試験問題をガラケーのキーを1文字ずつ打ち込んでいた2011年の事件とは違い、19歳女子学生は試験問題を撮影し、画像をスカイプで送信しています。数十枚の画像を試験官に気付かれずに撮影、送信しているので、通常のスマホのカメラ機能を利用したとは思えません。画像はいわゆるスパイカメラと呼ばれている特殊なものが使われた可能性がありますー

カメラ付きペン

メガネカメラ

と思ったら、27日の供述から、写真は着ていた洋服に隠して撮影したとのことです。そうなると、この試験会場の試験官、ちょっとちゃんと仕事してたのかなーって思っちゃうんですよねー。ソーシャルディスタンス取った着席だったとしても、周りの受験生全く気が付かないもんなんですかねー。。。不思議ですー。。。

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

2011年の大学入試問題ネット投稿事件以降、
大学側はネットを利用したカンニングに対して対策していました。

2011年にネットを利用した大学受験のカンニングが発生したことを受けて、試験の主催者側の大学は、受験が行われている教室内の通信電波を遮断する妨害電波を発する対策が施されるようになりましたが、今回カンニングが行われた会場ではその妨害電波対策がされていませんでした。事件から11年も経過しているのになぜ、試験会場のすべてでその対策が出来ないないのか?それは妨害電波を発する機器を扱うには免許が必要だからのようですー。

その装置を免許無くして使用すると電波法違反(5年以下の懲役または250万円以下の罰金)に処せられるとのことですー。
まー今回の共通テスト問題流失事件を受けて、その辺の法整備はすぐに変わるかもしれませんけどねー。

この装置が、使えない試験会場ではスマホを使ったカンニングを見破る方法として、ボクが考えたのは

試験中に、会場の電気を不作為に消灯して真っ暗にすると、
スマホの画面の光を見つけ出す事が出来そう!!

と思うんですけどねー。試験中真っ暗になるとか、受験生には大きなストレスかかっちゃいますけどねー。

スポンサーリンク

まとめ

今日以降、出頭した19歳女子学生がいろいろ供述を始めると思うので、少しずつ全貌が明らかになっていきますよねー。その供述が新たなカンニングのアイデアにつながるリスクを秘めてはいますが、対策を万全にするためにもすべて明らかにしてもらいたいですー。

でも、このカンニング、実に用意周到に準備されているんですよねー。。。
試験問題が試験時間中に送られてきていたことに気付いた大学生が、今回のカンニングの暴露につながったわけなんですが、もしその大学生が気付かなかったらそのままになっていたでしょうね。警察も捜査に乗り出したと知って19歳女子学生は親に相談したうえで香川県警に出頭しました。2022年は4月1日以降の出頭、逮捕であったら成人扱いになる特殊な年ですからねー。そんな事もあっての出頭だったのかもしれません。

これだけ賢くカンニングを準備する熱量があったら、それを単純に勉強に注いでいたら、希望大学に進学出来ていたんじゃないかなーって思うんですよねー。でもカンニングする人は一種の病気でもあると思っているのでカンニングせずにはいられなかったんやと思いますー。

今回は19歳女子学生は「ひとりでやった」と供述しているようなんですが、本当に単独犯なんでしょうか。。。協力者の存在見え隠れするんですよね。。。まーしばらくしたらそれも明らかになるでしょうけどねー。

追記 2月13日 警視庁は不正を行った19歳女子学生と協力した20代の男性を偽計業務妨害容疑で書類送検

共通テストで不正を行った女性は、取り調べで「ひとりでやった」と供述していましたが、その後の調べで20代のシステムエンジニアの男性の協力者がいることが判明。二人を書類送検したとのことです。
試験会場の19歳女性が、試験問題を隠し持ったスマートフォンで動画撮影し、協力者に送信。動画を受け取った協力者男性は動画を静止画に加工して、文章を添付してあらかじめ家庭教師として契約していた東大生に送付して問題を解かせ、解答を女子学生に送信していたとのこと。協力者の男性には報酬が支払われる約束だったという事ですが、かなり有能な「中継者」だったようです。

この計画性、段取りの良さ、
これ、情状酌量の余地ないですよね!!

偽計業務妨害罪の罰則は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとあります。
まじめに受験している受験生の事もかんがみて、二人とも厳しく罰して欲しいと思いますよー。過去のカンニング事件がおとがめなしだったのをいいことに女子学生は出頭してますけど、今回の件は明らかに悪質ですよ。

◆ Z世代が沖縄旅行を敬遠する理由についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
Z世代が沖縄旅行を敬遠する理由、一つは車離れ世代だから。もう一つの理由は? 

スポンサーリンク

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次