FREE FOWLSからのお知らせ

Z世代が沖縄旅行を敬遠する理由、一つは車離れ世代だから。もう一つの理由は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ブログ主

1996年~2000年代初めころに産まれた今年20~26歳くらいの方をZ世代と呼ぶそうです。Z世代は生まれた時からインターネットの普及したデジタル世代であると同時に、日本のバブル経済崩壊後の停滞した経済状況の中で育ち成人になった世代です。50代のボクらの世代とは価値観が全く異なる世代です。そんなZ世代が昨今、沖縄旅行を敬遠する傾向にあるとのことです。理由については冒頭のニュースにもある通り、Z世代は車離れが顕著で運転免許証を持たない方が大半を占めます。完全車社会の沖縄県では沖縄観光にはレンタカーが必須で車の運転が必要になります。レンタカーに変わる代替の公共交通機関が発達していないので沖縄旅行そのものが敬遠されるようになっているんですよ。まーそういう事なら敬遠されるのも無理もありません。ボクがかねてから懸念していたことが現実として現れ始めたということです。。。そしてZ世代が沖縄旅行を敬遠するもう一つの理由も。。。
沖縄観光、今はで完全に廃れていますが、アフターのこの先も、なんか雲行き怪しそうな感じなんですよー

スポンサーリンク

◆ 公共交通機関が未成熟の石垣島内の移動手段についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【石垣島の移動手段は?】石垣島、移動が意外と不便。。。公共交通機関が未成熟の島では、レンタカーがおすすめです!! 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

Z世代が沖縄旅行を敬遠する第一の理由は車離れ世代だから

レンタカー

島で観光業を営む方の中には、20代の観光客の方よりももっと上の世代の観光客の方の方が、島に落とすお金が大きいと考えて、若い世代の観光客の方たちの存在を軽視している方もいるんですが、今回の件はそういう事では片づけられない問題だと思いますー。Z世代の方達、今は若年でも、数年もたてば日本の経済を支えるの中心的な世代となって、観光業にも欠くことのできない太い顧客になる方たちであるはずです。この方たちが、車離れ世代という事で、運転免許保有率が少ないとなると、沖縄観光にはレンタカー必須と言う現状を踏まえますと、それに代わる公共交通機関が全く発達していない沖縄県の観光業はかなり厳しい局面を迎える、という事が明らかなんですよー。

公共交通機関が発達していないのは、沖縄県全体の事で、沖縄本島だけの事ではなく、ボクの住んでいる石垣島でも同じです。石垣島についていえば、一部の方たちが提案するような島に鉄道を敷け、みたいな乱暴な提案をするつもりはありませんけど、県営なり市営で、石垣島島内の観光スポットを隅々まで不便なく結ぶバス路線や海路の高速船をもっと充実させるべき、とずっと思っているんですよ。その件についてはこのブログでいくつも記事にしています。ボクが石垣島に移住した1998年から何一つ状況は変化しておらず、レンタカーを利用しない観光客の方達が不便な島の路線バスに苦慮しているのを放置したまんまなんですよねー。。。その辺のことにガッツリ取り組んでくれる石垣島の市長だといいんだけどなーっていつも思ってます。

禍になる前は、インバウンドで海外からの観光客も大勢来島していましたけど、彼らも石垣島島内の観光には苦慮していました。交通ルールもよくわからない外国でレンタカーしようっていうのはなかなかのハードルの高さやと思いますよー。ボク自身も、海外でレンタカーするのは出来るだけ避けたいと考えますし。。。石垣島、路線バスや高速船で、島内何処へでも行ける環境を整えないと将来、石垣島観光は観光客の方達、減っていく一方になると思っていますー

◆ 運転免許証のない方の八重山観光についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【竹富島のレンタサイクルおすすめ4選】石垣島に観光に来たけど運転免許証が無い方は、竹富島でレンタサイクル観光しましょう!! 

スポンサーリンク

沖縄旅行を敬遠するもう一つの理由は、
Z世代の方たちが経験した沖縄の修学旅行に起因しているですよ~

修学旅行生

かつてのボクら世代の修学旅行と言ったら、ボクは東京住みでしたので、京都・奈良の修学旅行がメジャーでした。飛行機での修学旅行が盛んになったのは1997年頃からで、国内の航空運賃が自由化されて飛行機運賃が格段に安くなったことが背景にありました。そうした中で、沖縄県の修学旅行の誘客が盛んになってかなりの割引で全国の学校から修学旅行を引っ張って来た経緯があります。

修学旅行で沖縄県を訪れたZ世代の方たちは非常に多く、中でも沖縄県の初めての来島が、修学旅行だったというZ世代の方たちが「また沖縄に行きたいと思わない」と答えているという事なんですよー。
これは由々しき事ですよー。でもこれを聞いて、ボクは

ブログ主

あーやっぱりかー

って思いましたねー。思い当たる節が2つ浮かびましたー。

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

1 修学旅行の時期が悪い

沖縄県は通年で修学旅行の生徒さんたちが見えてますけど、特に凄まじく多いのが10月~2月のシーズンです。このシーズンは沖縄の季節的にはオフシーズンにあたり、秋・冬の季節になります。沖縄は常夏のイメージありますが、冬もしっかりありますし、体感気温もかなり寒くなります。そして本土では「冬晴れ」と言う言葉もあるくらい冬は天気のいい日が多いと思ってらっしゃる方が多いと思いますが、沖縄の冬はその逆で冬は悪天候になりやすいです。テレビや映画や雑誌などで目にしたトロピカルブルーの海も空もなく、白くどんより濁った空と、それほど青くもない暗い海の沖縄がそこにはあります。。。まー晴れた日には海も空も青く輝きますけど、冬場の沖縄はその晴れた日が極端に少なくなるんですよー。そんな沖縄県の最も観光に向かない時期に大挙してやってくるのが本土の修学旅行生たちなんですよー。

3泊4日の修学旅行、
日が差したのは1日だけ。。。

そんな事がざらに起こり得るのが11月~2月の沖縄観光なんですよー
※10月はまだ天気がいい日が多めです。

◆ 沖縄観光のベストシーズンはいつなのか?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
石垣島観光のベストシーズンはいつ!?【月別ランキング】 

人生初の沖縄体験がそんな感じになってしまうと、

沖縄っていうほど
キレイな所じゃなかったわ

っていう印象が心に刻まれちゃうと思うんですよー。修学旅行よりも以前に家族旅行で観光シーズン真っ只中の沖縄県に来ていれば、光に輝く海も空も記憶に残っているので、修学旅行の間、天気に恵まれなかったのはあいにくやった、と思えるでしょうけど、沖縄初体験がずっと悪天候だと、やっぱり沖縄の印象は悪くなっちゃうと思うんですよ。
この件についてはボクは島に移住して以来、ずっと懸念していた事なんですよねー。修学旅行で沖縄に来るなら、いい時期に来ないと、社会人になってからリピートしようって思う人が出てこないよなーってずっと思ってたんですよ。その位、冬場の沖縄観光はお勧めしないんですよ。でも観光業の方たちはそれだと冬場の稼ぎが立たなくなるので、天気が良くないことを隠して誘客しちゃってるんですよねー。。。ボク自身、石垣島に移住する前に、観光客として沖縄県を始めて旅行したのが12月の冬だったんですよ。案の定天気が悪くて、心底ガッカリした経験があるので、そんな思いをされる方が一人でも減るように、ボクは冬場の沖縄観光はお勧めしないことにしているんですよねー。

スポンサーリンク

2 修学旅行の内容が悪い

修学旅行は「修学」とつくだけに、学びの旅行でもあります。修学旅行に沖縄県が選ばれる理由の一つに「平和教育」が旅行に組み込めるから、というものがあると思いますー。「平和教育」、沖縄にとっては第2次大戦の沖縄戦での悲惨な経験がありますー。沖縄という美しい南の島の楽園に悲惨な戦争の歴史がある事を本土の学生さんが学ぶことは、とても重要な事だと承知はしていますが10代のまだ人間形成もままならない時に、いきなりあの悲惨な戦争の資料を突きつけるのはあまりにも衝撃が大きすぎると思うんですよね。沖縄の戦争の悲惨な歴史については、しっかりとそれと向き合う心の準備が出来る歳になってからでいいような気がするんですよ。修学旅行を、将来の沖縄旅行のリピート客につなげたいと観光業の方が考えるのであれば、沖縄の修学旅行の「修学」の部分をもっと考えるべきじゃないかなーと思うんですよねー。ボクは沖縄の戦争の事は初めて沖縄に旅行した時ちょっとだけ知りましたけどトラウマになりそうなくらいの衝撃を受けましたからねー。かりに沖縄戦の平和教育を修学旅行に組み込むなら、せめて修学旅行の実施は沖縄が光に輝いている夏の沖縄にあててほしいです。沖縄戦の終結は初夏の6月の事でしたし、夏の日差しと沖縄戦は切っても切り離せないものだとボクは思っています。夏のまばゆい光と、そこに降り注いだ砲弾、鉄の雨を一緒に想像すべきじゃないかと思うんですよ。

観光するには適さないオフシーズンに沖縄にやって来て、どんよりとした空と海しかなくて、平和教育で、沖縄戦の悲惨さに心的にショックを受けて、さらに天気も悪かったら。。。

そりゃー修学旅行生は、
また沖縄に行きたいね!

ってなりませんよねー

スポンサーリンク

まとめ

Z世代が沖縄旅行を敬遠するのは、これまで沖縄県がやってきたこと、やってこなかったことのツケが回って来たという事だと思います。観光業が目先の利益ばかり見てると、長い時間がかかってこういう事態を招いてしまうって言う事がよくわかりました。やっぱり沖縄県が観光立県としてやっていこうとするなら、観光客ファーストで何事にも当たるべきやと思いますー。変えていくべきことは分かっています。これから先、それを実行するかしないかに観光立県の沖縄県の未来がかかっているという事です。
Z世代に関しては、もうすでにそういった悪い傾向が出ちゃってますから、そこを変えるのは難しいと思いますが、その下の世代に向けてはきちんとしたものを提供して、成人した後も沖縄県に足を運んでもらえるようにしないとですよー。

沖縄県の公共交通機関もいつまでも放置じゃお先真っ暗ですよ。
公共交通機関が充実しなければ、全てをホテル内で完結させてしまう大型リゾートだけが生き残っていく形になるかもしれません。そのパターンは島の発展にはつながっていきませんからねー。。。

画期的な車の自動運転の技術が出てくるの待ちますか? そんなに待ってる時間はないと思うんですよ。アフターで海外旅行が解禁になったら、しばらく沖縄県への国内旅行は減っちゃうと思いますし。。。少なくとも運転免許もってない方たちが来島されても十分楽しめるだけの交通インフラは必要ですよね~。そういう事を進めてくれる賢くて優秀な政治家が出てきてくれることを待ち望んでいるんですよ。

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる