MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

犬猫のマイクロチップ装着義務化→ほとんど無いはずの副作用、実際にあった症例は?

\Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
猫と犬
Image by StockSnap from Pixabay
ブログ主

2022年6月1日からペットショップで販売される犬と猫に、マイクロチップの装着が義務化されました。このマイクロチップの装着によって、ペットが脱走したり迷子になった時に飼い主のもとにすぐに戻せたり、飼育放棄して捨ててしまったとしても飼い主の情報を取り出せるというのが狙いだそうです。この場合の「装着」というのは注射器による体内埋め込みだそうです。現在すでに飼われている犬・猫への装着は「義務」ではなく、「努力義務」だそうです。飼い主さん的には可愛いペットの身体に異物を入れるのは。。。って心配されている方多いと思います。日本では数年前からこの犬猫のマイクロチップ装着が始まっているんですが副作用の報告はこれまでに1件も報告されていないとのことです。すでに犬猫のマイクロチップの装着が進んでいる海外でも副作用はほとんどないと言われています。でも「ほとんど無い」という事はゼロではないんだ!! ちょっとはあるんだ!!ってことになるじゃないですか。実際にどんな副作用があったのか調べてみました。

スポンサーリンク

◆ 犬猫のマイクロチップ装着のメリットその裏に隠された真実についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
犬猫のマイクロチップ装着のメリットは? そしてその裏に隠された事実とは? 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

犬猫の体内に埋め込まれるマイクロチップとは

画像出典:環境省のホームページより

犬猫の体内に装着、埋め込まれるマイクロチップは直径が1.4~2mm程度、長さが8.2~12mm程度の小さなもので、体内でアレルギー反応が起きないように生体適合ガラス、またはポリマー(樹脂)に覆われています。内部にはコイルを巻いたアンテナとICタグが収められていて電池・バッテリーなどは含まれません。マイクロチップのデータを読み取るために外部からかざしたリーダー機器の発する電波によって、マイクロチップ内に電気が生じて読み込んでいるデータをリーダー機器に送信するんだそうです。マイクロチップが読み込んでいるデータは、従来製は国番号とマイクロチップの製造会社コード、それと個体識別番号の3つのデータが15桁の数字のみしかないんですよ。その15桁の数字と、別に登録されている飼い主情報とをネットを利用して突き合わせて飼い主を特定していました。日本製の最新型のマイクロチップには15桁の数字以外にもワクチンの接種状況や連絡先まで入れられるそうです。災害時などネット環境が無くても連絡先が分かるようになっているそうです。

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる