MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

日本の小学生のランドセル、本当に必要? さんぽセル登場で見えて来た未来。

Photo by Kona-Ken
ブログ主

小学生のランドセル重すぎ問題に文部科学省も小学校での「置き勉※1」を推奨しはじめましたが、「置き勉」禁止にしている学校も数多くあり、重いランドセルで小学生、特に低学年の身体の負担が大きく、健康障害まで出始めているとのこと。そこで登場したのが「さんぽセル」。既存のランドセルにキャリーフレームを設置して、キャリーバックの様にランドセルを転がせるようにしたものなんですが、世の中的には「子どもが楽をするな」的な批判も多くあるとの事。「さんぽセル」が登場したことで見えてきた小学生のランドセル文化の未来について書いていこうと思います。  ※1「置き勉」とは教科書や教材を毎日自宅に持ち帰らずに学校に置いたままにする事。「置き勉強道具」の略。

スポンサーリンク

◆ 「置き勉」禁止の大きなデメリットについてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
日本の多くの小学校が「置き勉」禁止にしている理由と隠れた大きなデメリットとは? 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

さんぽセル登場で見えて来た小学生のランドセル文化の未来。

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる