MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

【第一航空】波照間島、空路再開はいつ実現するか?これまでの経緯と現在

\Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」

新情報が追記されています!

◆ 波照間島空路再開はこの飛行機を飛ばしてほしい!!についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
波照間島空路再開に新型ATR42-600Sを!!滑走路が短くても離発着可能!! 

目次

2018年から運休していた第一航空の那覇-粟国便が2021年7月21日から運航再開

第一航空DHC-6-400(19人乗り)
画像出典 : 第一航空ホームページより

2018年から運休していた第一航空の那覇-粟国島(あぐにしま)便が、
今年の夏休み7月21日から運行が再開になるとのことですー

那覇-粟国便
毎週 月・水・土曜日 1往復
・那覇発 粟国行  9:15発
・粟国発 那覇行 11:15発

運賃
大人(12歳以上)     14000円 8000円
障がい者割引       14000円 8000円      
小人(3歳以上12歳未満)  8500円 4900円
※沖縄離島住民割引有、手荷物制限等、詳しくはコチラ 

予約方法
インターネット予約が開始になりましたー
インターネット予約はコチラ  

第一航空/那覇空港受付カウンター
通常那覇空港では3階のチェックインロビーにて各航空会社にて搭乗手続きを行いますが、
第一航空の受付カウンターは3階にはなく1階になるので注意が必要ですー
しかも現時点(7月18日)では那覇空港のホームページのフロアマップには
第一航空の受付カウンターの記載がまだされていません。
これは、下調べしっかりした方でないといろいろ空港で混乱しそうですー

那覇空港1階/到着ロビー

画像出典 : 那覇空港ホームページより

スポンサーリンク

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

第一航空は2021年12月に石垣-波照間便、石垣-多良間便を就航予定です。

この第一航空はこの後、12月をめどに、石垣島-波照間島間と石垣島-多良間島間の運行も予定しているんですよー
八重山の離島、波照間島は海況が悪いと石垣島からの高速船がたびたび欠航することもあって、
空路再開は波照間島民の悲願と言われているんですよー

波照間島は2008年にエアドルフィン社が石垣-波照間便を運休して以来、飛行機が飛んでいません。
ボクはエアドルフィン社の前に飛行機を運行させていた琉球エアコミューター社時代に
波照間発石垣島行きの飛行機に1度だけ乗ったことがありますー

1998年に搭乗した琉球エアコミューター/波照間空港

高速船ですと片道約1時間かかる波照間島、当時、飛行機では30分くらいで飛んでいたと思いますー
当時は石垣空港は市街地の中にあったのでその30分はなかなかの速さだなーと思いましたけど
現在の石垣空港は市街地から車で40分ほどかかるので、
その時間を踏まえると、高速船の方が速いのかもしれませんねー
まーでも、船酔いする方は飛行機の方を利用したいでしょうけど。。。

スポンサーリンク

この第一航空は、ここへ来るまで紆余曲折ありましたー

小型機
Photo by Nick Morales on Unsplash

今回粟国島に空路再開する第一航空は、2015年8月に那覇-粟国を初就航させました。
当時もそのあと、波照間便、多良間便の準備を進めていたんですが
初就航後1カ月もたたないうちに粟国空港で着陸時にオーバーラン事故を起こして運休に。
その後2018年1月に粟国便を再開するも採算が合わず
3か月後の4月に再び運休になったという経緯がありますー
当時から、経営陣も交代してるとのことですが
今回はきちんと運用再開になるといいんですけどねー
しっかり安全運航して、県民及び利用者の信用を回復してほしいと思っていますー

追記 2021年12月の波照間線の就航は延期との発表ありました。

12月5日の地元新聞に、第一航空が進めて来た石垣-波照間便の年内の就航は見送りになると発表がありました。2022年の3月以降の就航を目指すとしています。まー正直、12月の就航は微妙だろうなと思っていたら案の定でしたね。3月以降っていうのもどうなるか分からないので、あんまり期待はしない方がいいかもしれませんね

追記 2022年3月27日 
4月下旬から石垣-波照間と石垣-多良間の2路線を就航させると発表がありました!!

2022年3月27日の速報ニュースですのでまだ、就航詳細については発表がありません。第一航空のホームページにも現時点では何の記載もありません。いよいよ波照間島の空路再開の見込みが立ったようですー。胸熱ですよね~。

追記 2022年3月29日

八重山毎日新聞によりますと、石垣-波照間便、石垣-多良間便の再開は2022年4月30日からとのこと。
使用機材はDHC-6-400(19人乗り)

画像出典 : 第一航空ホームページより

石垣-波照間便は週3便、石垣-多良間便は週2便の運航を予定。曜日や時間などは現在調整中。
飛行時間は両便とも約30分。
運賃は12歳以上の普通運賃で1万4000円。
島民割引があり島民の12歳以上は5000円、島民の高校生は4200円、島民の3歳以上12歳未満は3000円。

追記 2022年4月22日 石垣-波照間空路就航再び延期へ

2022年4月18日、第一航空は多良間島でDHC-6-400(19人乗り)を用いた離発着訓練(タッチアンドゴー)中に、着陸の際、滑走路から40m逸脱し草地帯に停止。沖縄県空港課によると、機体や空港施設、機長を含めた4人の搭乗者にけが人はなかったとの事。このトラブルを受け、原因を調査中。2022年4月30日から石垣-波照間島便を再開予定でしたが就航は延期、就航時期も未定となっています。

これまでの経緯を見ていただいたらわかると思うんですけど、就航が近づくたびにトラブルで延期を繰り返しています。しかも、地元新聞には2022年の4月30日就航再開予定と記載がありましたがトラブルの起きた4月18日時点でも第一航空のホームページでは航空チケットの予約などが出来るようにはなっておらず、就航間近なのに準備が遅いなーと思っていた矢先のトラブルです。トラブルを繰り返す会社ってちょっとあれですよね。。。こうなると、もう1社、波照間空路を再開させようと動いているスカイサンタアビエーション に期待するしかないですね。。。でもスカイサンタアビエーションの方は全く進展なしなんですよ。。。ここでスカイサンタが波照間空路再開を打ちだしたら、信頼とシェアを一気に獲得出来るタイミングなんですけどね。。。

まーしばらくまた様子見です。

波照間島行きは、高速船で行くのが一番安心なのかもしれませんね。

◆ 波照間島空路再開はこの飛行機を飛ばしてほしい!!についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
波照間島空路再開に新型ATR42-600Sを!!滑走路が短くても離発着可能!! 

◆ 波照間島空路再開もう一つの候補、スカイサンタについてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
波照間島空路再開もう一つの候補、スカイサンタはどうなっている? 

スポンサーリンク

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次