FREE FOWLSからのお知らせ

【トンガ海底火山噴火】小さい津波で漁船が転覆するのは何故か?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
転覆
Photo by FreeToUseSounds
ブログ主

1月15日に大噴火したトンガ諸島のフンガ・トンガ フンガ・ハアパイ火山。100年に1度あるかないかの規模の噴火で、太平洋を囲む国々に津波が到達しました。日本では最大で鹿児島県の奄美大島の小湊で1.2m、岩手県の久慈港で1.1mの津波を観測しましたがそれ以外の太平洋岸の地域の津波観測地点では60~90cm程の津波が観測されました。1mに満たない津波なら大したことないのかな?と思ったら、高知県や徳島県、三重県の漁港で港に係留していた漁船が約20隻も転覆してしまったとのことです。沖で操業中に津波にのまれたのではなくて、港に係留しているだけでどうして転覆しちゃうんですかね? 小さい津波で漁港の漁船が転覆するのは何故なんでしょう? 今日はその件について調べてみました。

スポンサーリンク

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!


沖縄ランキング
目次

大型船の転覆事故が少ない理由

大型船舶は滅多に転覆しませんよね。大型船舶が転覆しないのは、大型船自体に浮力が十分にある事、重心が海水面よりもずっと下に設定されている事、船のバランスを制御しているバラストタンクが設置されていることなどから、大型船舶は起き上がりこぼしの仕組みで傾いても垂直に戻ろうとする力が常に働いているため、転覆事故が少ないんですよー。詳しくは下記の動画を見るとよくわかります。

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる