FREE FOWLSからのお知らせ

【雨雲レーダーを活用しよう!】石垣島に行くぞ!!となったら何より気になるのは「天気」ですよね

目次

石垣島に旅行が決まったその日から、一番気になるのは当日の天気ですよね

旅支度

さー石垣島に行くぞ!

と、石垣島旅行に申し込んだその日から、
石垣島のホテルどんな感じかなー。。。とか
石垣島に行ったら、何食べよう。。。とか
離島は何処に行こうかな。。。とか
いろいろ気になって、事前にお調べになると思うんですけど
一番の関心事は

旅行の間、天気はどうかな?

ってことですよねー

わかります!!

ネットやアプリで沖縄県八重山地方の週間天気予報、チェックしまくりますよねー
旅行の期間、晴れマークが並んでいるなら、まだ気持ちは楽しくいられるんですけど
傘マークがかかっていようものなら、数時間おきに天気予報チェックしたりして、
仕事も手につかなくなってしまうんですよねー

わかります!!

旅にはトラブルもつきものですが、大体の旅のトラブルは何とかなってしまうものですけど
天気だけは、どーにもならないんですよねー
傘マークの付いた天気をひっくり返すことが出来る方法があるんやとしたら、それは

あなたの日頃の行いよ!

って事になってしまうんですよねー
まー石垣島在住のボクにしてみたら、明日の天気が晴れようが、雨が降ろうが、どっちでもいいわ~って感じで
特に気にすることもないんですけど、島外から友人が島に遊びに来る、となると
ボクまで当日の天気が気になって仕方ない状態になってしまうんですよー

晴れてくれよ~
雨降ってくれるなよ~~って。。。

スポンサーリンク

石垣島は晴れてさえいれば満足できる場所

石垣島をはじめとする、この八重山諸島、
売りにしているのはやっぱり美しい自然なので、晴れていれば空は何処までも青いですし、
海は透き通って輝いて見えますし、何を見ても心洗われるような気持になれるんですけど、
雨や、曇天やったとすると、

なんか全部、イマイチ。。。

になっちゃうんですよねー
晴れの日の石垣島を100点満点とすると
曇りの日だと50点、雨が降ったら20点、って感じになっちゃいますー
そのくらい八重山旅行は天気に左右されますー
台風とバッティングしてしまったら40点ってとこでしょうかー
八重山の強烈な台風体験は、ある意味価値のある体験かな、と思うので普通の雨よりは点数高くしました。
まーでも、とにかく、晴れてなんぼの八重山旅行なんですよねー

旅程、どうも天気が怪しそうだ。。。という時に役立つツール

週間天気予報で、旅行期間中全日晴れマークみたいなときは必要ないんですが
傘マークがついたりしているようなときは、ぜひ、このサイトをスマホのお気に入りに設定してきてください~

気象庁ホームページ>防災情報>天気予報など>雨雲の動き 

このページで現在から1時間後までの雨雲の動きがわかります。
地図を拡大してみるのがコツで、石垣島のどの地区に雨が降っているのか、そしてどちらに雨が移動するのかが手に取るようにわかりますー。沖縄は「かたぶい」といって局所的に雨が降ることが多いんですよ。
天気予報で石垣島が雨予報だったとしても、島全体が雨降ってる、みたいなことはないわけではないですが
大体の場合は島のどこかに降っているか、もしくは島の近くの海上で降っていたりして島に雨が降っていなくても天気予報では雨予報になるんですよねー
石垣島は島も小さくて的が小さいので雨雲がちょっとそれたら、雨予報でも雨が降らない、
なんてことはよくある事なんですよー
天気予報が良く外れると言われるのはそのためですー


そんなわけで、島のどこに雨が降っているかこのサイトで情報が取れれば、
その日、島をドライブすることになっていたとしたら、雨雲がかからない場所にドライブするとか、
雨が降っている今のうちに昼食をとってしまうとか、雨をやり過ごす作戦を練る事か出来たりするんですよー
まースマホもしくはタブレットを持って旅行される方限定になってしまうんですけど、
有益な旅先の情報になるんですよねー
この情報、持っているのと持っていないのとではだいぶ差があると思うんですよ。
雨は逃げられるもんなら、逃げたいですし、逃げることが可能だったりするんですから
使わない手はないですよねー

この情報は1時間先までしかわかりませんが
こちらのサイトでは、すこし確度は落ちますが、現在をはさんで12時間前から12時間後までの雨雲の動きがわかりますー

気象庁ホームページ>防災情報>天気予報など>今後の雨(降水短時間予報) 

12時間後までの雨雲の動きがわかるので
直近の動きをどうするかよりも
旅程のざっくりした方針が決めやすいんですよねー

沖縄特有(?)の「かたぶい」とは

先ほど少し触れましたが、沖縄の天気は変わりやすかったりしますー
本土で言うところの「通り雨」とか「スコール」に当たるものが「かたぶい」です。
ものすごく狭い範囲のみに降る雨の事ですー
例えて言うなら、小さな雨雲があって、その雲の下だけに雨が降っている、というイメージですー
沖縄ではここは晴れているけど、数百メートル先では大雨降ったり、ということがよくあるんですよー

なので島にいるとタイミングが合うと
晴れと雨の境界線を目の当たりにすることがありますー
目の前は晴れていて道路は乾いているけど、数メートル先は雨でぴっしゃり。。。
その雨が迫って来て、こちらもびっしゃり。。。みたいな。

雲の影


これはボクが石垣島北部で撮影した写真ですー
道路の色が手前と向こうでは全然違いますよねー
これ、雲の影が地面に落ちているんですよ。
この時は雨降ってはいませんでしたけど、これだけくっきり雲の影が落ちるってことは
もう少し湿気ていたらあそこが晴れと雨の境界線になったと思いますー

こちらは川平湾ですねー
向こうの左の方で晴れと雨の境目が出来ていますー

川平湾かたぶい

こんなにはっきりと雨と晴れの区切りがつくんですよねー
面白いですよねー
真ん中に立っているボクはカラカラに乾いていますけどこの後、雨が来る前に逃げ出しましたー

まー滅多に島から出ないボク自身が
気象庁の雨雲の動きをチェックするのは

今日は洗濯するかしないか?、
洗濯ものを外に干すか?、室内干しか
?

を判断するのに使ってるんですけどねー

じゃらん特集一覧

早く、コロナ終わって
ボクも旅行に出掛けたいです~~


沖縄ランキング

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる