MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

アカデミー賞国際長編映画賞受賞「ドライブ・マイ・カー」、三浦透子氏の演技が素晴らしい!

ブログ主

第94回アメリカ・アカデミー賞ウィル・スミス氏の平手打ち騒動一色みたいなことになっちゃってますが、濱口竜介監督の日本映画「ドライブ・マイ・カー」が国際長編映画賞受賞を受賞しているんですよね。アカデミー賞受賞する日本映画ってどんな感じなんやろ? と思って観てみたら、なかなか面白かったんですよ。主演は西島秀俊氏という事なんですが、ものすごく演技が素晴らしかったのは準主役の女優三浦透子でした。いやーまったりした内容でしたけど、引き込まれましたねー。

スポンサーリンク

◆ 映画「ドライブ・マイ・カー」のアカデミー賞受賞に原作の村上春樹氏が沈黙しているのは何故か?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
村上春樹氏が「ドライブ・マイ・カー」アカデミー賞受賞のお祝いコメントを出さないのはなぜ? 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

「ドライブ・マイ・カー」はアカデミー賞国際長編映画賞受賞以外にも数々の映画賞を受賞していました!

濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」は2021年公開の日本映画だそうです。禍以前に、ボクが住んでいる石垣島には映画館が無いのでこの映画も見たことなかったんですが、アカデミー賞国際長編映画賞を受賞する日本映画ってどんなやろう?と非常に興味を持ったんですよ。過去には2009年の日本映画「おくりびと」が同賞を受賞しているとの事でした。

「ドライブ・マイ・カー」が受賞した海外の賞の数々がコチラ

  • カンヌ国際映画祭(2021年7月)  主催/フランス国際映画祭協会
    脚本賞/国際映画批評家連盟賞/エキュメニカル審査員賞を受賞(2021年7月)
  • アジア太平洋映画賞(2021年9月) 主催/ユネスコ/国際映画製作者連盟/オーストラリア・ブリスベン市
    作品賞/脚本賞を受賞
  • ゴッサム・インディペンデント映画賞(2021年11月) 主催/ゴッサムアワード(米ニューヨーク)
    国際長編映画賞を受賞
  • ニューヨーク映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米ニューヨーク映画批評家協会
    作品賞を受賞
  • ワシントンD.C.映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米ワシントンD.C.映画批評家協会
    外国語映画賞を受賞
  • アトランタ映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米ジョージア州・アトランタのメディアから成る映画ジャーナリスト組織
    外国語映画賞を受賞
  • オースティン映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米テキサス州オースティンの映画評論家の組織
    脚色賞を受賞
  • ヒューストン映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米テキサス州ヒューストンを拠点とする映画批評家協会
    外国語映画賞を受賞
  • ニューヨーク映画批評家オンライン賞(2021年12月) 主催/米ニューヨークに拠点を置くインターネットの映画評論家で構成された組織
    外国語映画賞を受賞
  • ボストン映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米マサチューセッツ州ボストンを拠点とする映画批評家協会
    作品賞/監督賞/主演男優賞/脚本賞を受賞
  • シカゴ映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米イリノイ州シカゴを拠点とする映画批評家協会
    外国語作品賞を受賞
  • ロサンゼルス映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とする映画批評家協会
    作品賞/脚本賞を受賞
  • セントルイス映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米ミズーリ州セントルイスを拠点とする映画批評家協会
    外国語映画賞を受賞
  • ダラス・フォートワース映画批評家協会賞(2021年12月) 主催/米テキサス州ダラス・フォートワースの映画批評家協会
    外国語作品賞を受賞
  • ゴールデングローブ賞(2022年1月) 主催/ハリウッド外国人映画記者協会
    非英語映画賞を受賞
  • 全米映画批評家協会賞(2022年1月) 主催/全米映画批評家協会
    作品賞/監督賞/脚本賞/主演男優賞を受賞
  • サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会賞(2022年1月) 主催/米カリフォルニア州サンフランシスコの映画評論家、ジャーナリストの団体
    外国語作品賞を受賞
  • トロント映画批評家協会賞(2022年1月) 主催/カナダ・オンタリオ州トロントを拠点とする映画評論家、ジャーナリストの団体
    作品賞を受賞
  • シアトル映画批評家協会賞(2022年1月) 主催/米ワシントン州シアトルを拠点とする米の映画評論家協会
    監督賞/非英語作品賞/作品賞/脚本賞を受賞
  • オンライン映画批評家協会賞(2022年1月) 主催/インターネット上でレビュー・インタビュー・エッセイを発表している映画評論家らによる批評家協会
    非英語作品賞を受賞
  • 女性映画ジャーナリスト同盟賞(2022年1月) 主催/米ニューヨークの女性映画ジャーナリスト同盟
    非英語圏作品賞を受賞
  • フランス映画批評家協会賞(2022年2月) 主催/フランス映画批評家協会
    外国語映画賞を受賞
  • ロンドン映画批評家協会賞(2022年2月) 主催/英ロンドン映画批評家協会
    脚本賞/外国語映画賞を受賞
  • インディペンデント・スピリット賞(2022年3月) 主催/NPO団体「Film Independent」
    外国映画賞を受賞
  • 放送映画批評家協会賞(2022年3月) 主催/米放送映画批評家協会
    外国語映画賞を受賞
  • 英国アカデミー賞(2022年3月) 主催/英国映画テレビ芸術アカデミー
    非英語作品賞を受賞
  • アカデミー賞(2022年3月) 主催/映画芸術科学アカデミー
    国際長編映画賞を受賞

スポンサーリンク

「ドライブ・マイ・カー」が受賞した国内の賞の数々がコチラ

  • 第13回TAMA映画賞(2021年11月) 主催/
    最優秀作品賞/最優秀新進女優賞を受賞
  • ELLE CINEMA AWARDS 2021(2021年12月) 主催/
    ベストディレクター賞を受賞
  • 第34回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞(2021年12月) 主催/
    作品賞/主演男優賞を受賞
  • 第95回キネマ旬報ベスト・テン(2022年2月) 主催/
    日本映画ベスト・テン1位/日本映画監督賞/脚本賞/助演女優賞/読者選出日本映画ベスト・テン1位/読者選出日本映画監督賞を受賞
  • 第43回ヨコハマ映画祭(2022年2月) 主催/
    助演女優賞を受賞
  • 第76回毎日映画コンクール(2022年2月) 主催/
    日本映画大賞/監督賞を受賞
  • 第64回ブルーリボン賞(2022年2月) 主催/
    助演女優賞を受賞
  • 第72回芸術選奨文部科学大臣賞(2022年3月) 主催/
    映画部門文部科学大臣賞を受賞
  • 第45回日本アカデミー賞(2022年3月) 主催/
    最優秀作品賞/最優秀監督賞/最優秀脚本賞/最優秀主演男優賞/最優秀撮影賞/最優秀照明賞/最優秀録音賞/最優秀編集賞/新人俳優賞を受賞

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

国内だけでなく海外でこんなに賞を受賞した日本映画、興味湧きますよねー

国内で評判になるのは分かる気もしますが、海外の賞をこれだけ受賞する映画は珍しいですよね。海外でのプロモーションもほとんどされていないにも関わらずこれだけ評価を得たのは、恐らく原作が村上春樹だったからだと思うんですよね。

「ドライブ・マイ・カー」は有料動画サイト「アマゾンプライム」(月額500円)の有料レンタル399円で視聴できます。視聴はコチラ 

ボクも気になった作品でしたので早速アマゾンプライムで視聴しました。ネタバレなしで感想を書きますと、

こんなまったりした感じの映画がアカデミー賞ウケするんや~

って感じでした。作品もかなり長めで2時間58分程あり、派手なストーリーではなく静かに物語が展開していくんですけど不思議な空気感があって引き込まれましたね。。。

スポンサーリンク

「ドライブ・マイ・カー」に出演している三浦透子氏の演技が素晴らしい!!

主演の西島秀俊氏はどの作品に出られても、「西島秀俊」って言う感じのイメージがとても強いとボクは感じています。西島秀俊氏がよく演じる「最愛の人に裏切られる」というこれまでと似たような役柄を今回も演じていました。出演している役者さんはみな独特の空気を身にまとっているんですが、その中でもこの作品で一番光っていたのは、映画の中では重要な役どころの女性のドライバーを演じた方でした。

「ドライブ・マイ・カー」に出演していたのは女優の田畑智子氏ではなかった

ボクはこの作品の存在は知っていたんですが、ちらっと見た時は出演されている女優さんは田畑智子氏 だとずっと思っていたんですよ。演技派の田畑智子氏こんな役もやりはるんや。。。と思っていたんですけど大間違いでした!!!

三浦透子(みうらとうこ)氏という女優さんだったんですよ。

映画の中では、化粧っ気のない、地味で寡黙で存在感の無い女性ドライバー役で出演してるんですが見事に演じられていたんですよね。。。その存在感のない演技が素晴らしかったんです。三浦透子氏、この役に決まった際には、なんと運転免許証もってなかったとのことで映画のために取得したそうなんですが、全然そんな風には見えませんでしたよ。国内の映画賞は今回の作品で助演女優賞、結構取られてます。海外ではまだ評価されませんでしたけど、まだ女優業始めたばかりのようですし、これからの活躍が楽しみです。

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次