FREE FOWLSからのお知らせ

【また起きた!!】イリオモテヤマネコの交通事故件数、今年5件目!!イリオモテヤマネコのロードキル問題の根本的な対策はあるのか?

道路
MonsterkoiによるPixabayからの画像
ブログ主

10月1日、午後8時半頃、西表島西部の県道で、
イリオモテヤマネコの交通事故が発生。

雌の成獣、1体が死亡。

2021年の今年、5件目のイリオモテヤマネコの死亡事故になってしまいました。。。

うーん。。。
今年はコロナ禍で観光客も少ないのに、
5件は多いなー


7月26日に、西表島が世界遺産に認定されてからのカウントでも
3件目になりますよー、多すぎます!!
これは異常事態と言っていいですよねー
西表島が世界遺産に認定されたのは、奄美大島から西表島まで、
点々と続く島々における生物多様性が評価されての事でした。
このままロードキルが続くようだと、
世界遺産の認定取り消しもあり得なくはないんですよねー
イリオモテヤマネコのロードキル対策は、依然として、道路沿いの看板の設置や、ドライバーへの注意喚起に留まっています。
これじゃー減っていかないよなーって感じですよ。
コロナで言うところの「罰則を伴わないお願いレベル」という奴ですー
具体的なロードキル対策はボク自身も提唱してきましたけど、
それでも対処療法的な事でしかない小手先の手法なんですすよねー
そもそもの根本的なところに対策を打たないと、
どうしようもないことにだんだん気が付いてきましたー
西表島のロードキル問題の解決には
西表島の歴史に

目を向ける必要があるんですよねー

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
目次

イリオモテヤマネコの交通事故は看板や、
ドライバーへの注意喚起では絶対に減らないと思うんですよね

これまでにボクが提唱してきたイリオモテヤマネコの交通事故防止案がこちらの記事です↓

上の「✔あわせて読みたい」の記事中でも書いていますが、
これまでボクがイリオモテヤマネコの交通事故防止として提案してきた案は、
西表島の道路で、車のスビートが物理的に40キロ以上出せないように
減速帯(Speed Bump)を設置するというものでした。

Smart Speed Bump

車のスピードが40キロ未満なら、
もし仮に、車とイリオモテヤマネコが接触事故を起こしたとしても
イリオモテヤマネコなはケガをすることはあっても、
死んでしまうことはないやろなーっていう発想からきた対策ですー
西表島には、イリオモテヤマネコが交通事故に遭った時に救命活動してくれる病院もしっかりあるので
ケガをしたイリオモテヤマネコは助けられるんですよ。
減速帯(Speed Bump)の設置は、
道路沿いの看板を置いたり、ドライバーに注意喚起するよりは効果があると思っていましたが
それでもそれは小手先の対処療法でしかないんだよなーって最近思うようになりましたー
西表島のロードキル問題を解決するには
西表島の歴史に目を向ける必要がある、ということを

以前、西表島に住んでいた知人から聞いたんですよー

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング

イリオモテヤマネコが生息する西表島の大自然、
そもそも西表島がこんなに自然が豊かなのは何故なのか?
西表島の歴史を紐解く。。。

よかったらシェアしてね!

FREE FOWLS おすすめTシャツ5選/FREE FOWLS 公式ホームページ/FREE FOWLS ショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる