FREE FOWLSからのお知らせ

小室圭さん2度目の不合格。「合格点に5点足りず」は本当か?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ブログ主

小室圭さんのNY司法試験、2回目の不合格が伝えられていますが、小室圭さんが自身のNY留学費用、1000万円を支援してきたという弁護士の奥野善彦氏に今回の試験の結果を連絡した際に「残念ながら落ちました。合格点に5点足りず、とても無念です」と伝えたんですが、この「合格点に5点足りず」のところに一部の国民が反応、どこから出て来た5点? 自己採点? 適当に言い訳? みたいな声が上がっています。実際の所どうなんでしょうね? この「5点足りず」の根拠はあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

◆ 小室圭さんがダメなら眞子さんが就労ビザを取得するの?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
眞子様が就労ビザを取得するの?小室圭さん2度目の不合格でビザ切り替えが絶望的 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

小室圭さんのNY留学費用を支援していた奥野善彦氏とはどんな人物?

奥野善彦氏は東京の法律事務所、「奧野総合法律事務所・外国法共同事業」 の所長をされている弁護士です。この法律事務所は父である奥野彦六氏が設立したもので、父の奥野彦六氏は日本の法制史の大家と呼ばれ、東京弁護士会会長を歴任もされている大物弁護士です。奥野善彦氏自身も、事業再生のエキスパートとして名をはせておられます。教育活動や無料法律相談などの社会貢献活動にも意欲的な日本の大物弁護士だとのことです。秋篠宮殿下とも腹心の仲だったということで、小室圭さんのサポートに協力されてきた経緯があります。NY留学前の小室圭さんは、この奧野総合法律事務所・外国法共同事業でパラリーガルとして働いていました。小室圭さんのNY留学費用のうち学費は奨学金を獲得して無費用になりましたが、生活費を約1000万円を支援、返済の期限も設けない支援をされています。

小室圭さん、今回の2回目のNY司法試験の不合格の結果を奥野善彦氏に連絡された際に「残念ながら落ちました。合格点に5点足りず、とても無念です」と伝えられたそうなんですけど、この「合格点に5点足りず」っていう点に、日本国民が反応して、なぜ5点足りないことがわかるのか? どこから出て来た5点? 自己採点? 適当に言い訳? みたいな騒ぎに一部でなっていますー。試験後に模範解答が配布されるわけでもないのに、論述問題で詳細な自己採点は不可能だ、という事なんですよ。実際、日本の大学受験や高校受験なんかは、自分が試験でいったい何点取ったのかは不明なのが一般的ですからね。アメリカでの事情は不明なので、そういう声があがるのも無理はないですけどね。でも、恩師である上に、これだけ大物の弁護士の奥野善彦氏に、口から出まかせで言い訳するかな~?できるのかな~?と思うんですよ。

ちょっと気になったので、NY司法試験の受験者に試験結果の得点が通知されているのか調べてみました~

NY司法試験の不合格者は自分の点数を知る事が出来るのか?

テスト
Photo by beauty-box

NY司法試験の受験者が試験での自分の点数を知ることが出来るのか、調べるために海外のサイトを探してみますと「New York Bar Exam Tutor」というサイト を発見。掲載されている記事に目を通しますと、NY司法試験不合格スコアレポートの読み方について書かれてましたー。要するに不合格者には試験での点数の明細が送られていたんですよ!! 

スポンサーリンク

NY司法試験は2日間あって、1日目は架空の事例に基づく論文試験(MPT)と論文試験(MEE)が午前と午後にあって、2日目に200問の択一試験(MBE)が午前午後で行われるそうです。両日とも200点満点の試験で、合計で400点中、266点取れば合格という事みたいです。各試験ごとに点数が明記され、受験生に勉強が足りてない部分をしっかり伝えて、次の試験対策にしてもらおうという事らしいです。試験受けてみたものの、何がダメだったのかさっぱりわからん!?みたいなことではなく、しっかりケアしてくれるようですー。なので「合格点に何点不足していたか?」は不合格者には通知されていることがはっきりしましたー。

ただそれが本当に5点だったかどうかは、
わかりませんけどね

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

まとめ

前回の7月の試験の時も、今回の様に小室圭さんは不合格だった点数の明細を受け取っていたはずなんですよ。でも前回はそんな点数の話は全く出ていなかったので、前回は惜しいレベルではなかったのかなと思います。小室圭さん、「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」とおっしゃってますので再受験されるようですよ。5月にも切れるといわれている小室圭さん夫妻のビザなんですが、小室圭さんが奥野善彦氏に試験結果を報告された時に奥野善彦氏、その件について質問されたと思うんですよね。。。普通は質問しますよね。一番気になるところですし。。。でもその件についてのコメントされてませんよね。もしかするとビザについてはもう目途が立っているのかもしれません。

  • NY司法試験には合格していませんが勤め先の法律事務所が企業スポンサーになってすでに就労ビザ(Hー1Bビザ)を取得済み。眞子様は配偶者ビザ(H-4ビザ)は就労可。
  • 眞子様がメトロポリタン美術館に正式雇用されて眞子様が就労ビザ(O-1ビザ)を取得済み。小室圭さんは眞子様の配偶者ビザ(O-3ビザ)を取得済み。但しO-3ビザは就労不可なので小室圭さんは勤め先を辞めて試験勉強に専念。
  • 80万ドルをアメリカの指定企業に投資して、投資永住権ビザ(EB-5ビザ)を取得済み。

のいずれかの方法で小室圭さんすでにビザ取得済みなんじゃないかと推測されます。そうじゃなかったら、「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」なんて報告できませんよね。。。奥野善彦氏も小室圭さんのビザの事、知ってはるんなら、ちょっと匂わすくらいのコメントしてくれてもいいですよね~

日本ではNYの司法試験の制度に疎いこともあって、今回のNY司法試験に合格しさえすればNYの弁護士になれると思われている方も多いと思いますが、NYの弁護士として登録を受けるにはこの試験以外にも、法曹倫理の試験、NY州法に関する講義・確認問題の試験、NY州法に関するNY州の試験に合格しなければならない上に、さらに50時間の法律関係の無料ボランティア活動を行う必要もあるといいます。今回の試験で精魂尽き果ててるようじゃNYの弁護士にはなれないんですよー。厳しい世界ですよねー。。。小室圭さん、ちょっと可哀そうに思えてきますー。

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる