MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

ROV(無人潜水機)「はくよう」大きすぎない?大きさは?/沈没の知床観光船捜索

\Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
ブログ主

北海道知床観光船の沈没事故、5月8日から捜索に民間の海難救助船の「新日丸」が加わり、高性能のROV(無人潜水機)「はくよう」が投入され、沈没した知床観光船の捜索が始まったようです。沈没船の中に行方不明者が残されているかを探索するのにちょっと大きすぎない?って思いませんか?こんなサイズで沈没船の中に入っていけるのかな?と思いROV(無人潜水機)「はくよう」の大きさについて調べてみました。

スポンサーリンク

◆ 沈没船探索の飽和潜水士の年収についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
沈没船の深海捜索を行う飽和潜水士、年収はどのくらい?日本と海外の比較も。 

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

沈没した知床観光船の捜索、これまでに水中カメラは投入されていました

北海道の知床で起きた知床観光船の沈没事故、今回の高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」が投入される前にも、これまでの捜索で水中カメラはすでにいろいろと投入されていました。

海上自衛隊の水中カメラ

下記は2022年4月29日に海上自衛隊の掃海艇「いずしま」が高性能ソナー(水中音波探知機)を用いて沈没した知床観光船を発見した時に、海底の沈没船の船体を撮影、「KAZUⅠ」の船名を確認したのがこの水中カメラです。上記の画像の右端に写る人のサイズと比較すると大きさがわかりますよね。小型の潜水艦を思わせる形で大きさは大型のバイクくらいあります。このサイズでは、沈没した知床観光船の船体内部にまでは入っていけませんよね。小回り効かなそうですもんね。

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

北海道警察の水中カメラ

そこで沈没した知床観光船の船内に残された行方不明者を捜索するために、船内に進入可能な小さいサイズの水中カメラが投入されたんですよ。この水中カメラは北海道警察の水中カメラだそうです。水中カメラの詳細は不明ですが、大きさはバスケットボールサイズくらいに見えます。沈没した知床観光船の後部の開いていたドアから船内に進入に成功し船内を撮影、10枚の画像が公開されています。

しかし、船内に行方不明者の姿は発見できずでした。しかも、船内で水中カメラのケーブルがひっかかりケーブルが切断、水中カメラの回収が出来なくなってしまったといいます。

そこに今回登場したのが、国交省が契約した民間会社の日本サルヴェージ社の高性能ROV(無人潜水機)なんですすよ~

スポンサーリンク

高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」とは?

これまでの経緯を踏まえますと、ここで投入される高性能のROV(無人潜水機)「はくよう」なら、沈没した知床観光船の船内に残されているかもしれない行方不明者を見つけられるかもしれないって期待が高まるじゃないでいすかー。でも、この画像見るとちょっと首をかしげしてしまうんですよ。

高性能のROV(無人潜水機)「はくよう」、
なんか大きすぎない?

これまでのニュースでは沈没した知床観光船の船内に進入するには、船体後部にある開いたままの扉からと言われています。どう考えても、この四角い物体のままでは進入できないですよね。絶対、大きすぎますよ! この大きな図体の水中カメラには小型の水中子カメラが搭載されていてそれが船内に入っていくんでしょうか? 気になったので、高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」についてちょっと調べてみました。

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」のスペック、大きさは?

高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」について調べてみたところ、驚いたことに、この高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」は、今回沈没した知床観光船の捜索を国交省から請け負った日本サルヴェージ社が所有しているROV(無人潜水機)ではなく、別会社の深田サルベージ建設社の所有しているROV(無人潜水機)と判明しました。さらにこの「新日丸」という調査船も深田サルベージ建設の所有している船でした。会社を越えた協力体制が敷かれているようです。深田サルベージ建設社のホームページによりますと、

ROV(無人潜水機)「はくよう」

・長さ 2.5m
・幅  1.5m
・高さ 1.8m

・重量 2300kg
・潜水可能深度 2000m
・搭載機器 ハイビジョンカメラ、CCDカメラ、LEDライト、スキャニングソナー、コンパス、深度計、高度計、3軸角度センサー、トランスポンダー、ラジオビーコン、フラッシャー、サンプルバスケット、CTD、ラインレーザー、サクションポンプ

引用:深田サルベージ建設社のホームページより

となっています。このサイズではとても上記動画の扉から進入することは不可能ですし、搭載機器を見ても小型水中カメラが別途装備されている様子もありません。

スポンサーリンク

まとめ

ということは、今回高性能ROV(無人潜水機)「はくよう」が投入されたのは、沈没した知床観光船の船内の捜索が目的ではなく、これから始まる飽和潜水作業の準備段階の沈没船周辺の海底の状況調査の為の投入のようです。沈没船船内の行方不明者の捜索は飽和潜水士の方たちに任されるって事だと思いますー。

そして今回行われる飽和潜水は国交省が契約したのは日本サルヴェージと言う会社しかニュースになっていませんが、別会社の深田サルベージ建設も一緒に動いていることがわかりました。

◆ 沈没船探索の飽和潜水士の年収についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
沈没船の深海捜索を行う飽和潜水士、年収はどのくらい?日本と海外の比較も。 

北海道警の水中カメラには死角もあって船内の状況をすべて撮影しきれていないようですので、ぜひ飽和潜水士の方たちに行方不明になっている方たち見つけてほしいです。12人全員見つかるといいんですが。。。沈没船が今後引き上げまで行われるかどうかは現時点ではわかりませんけど、事故の原因をしっかり究明して2度とこんな事故が起こらないようにしっかりルール作りして欲しいですね。

◆ 香港の水上レストラン「ジャンボ」の沈没が作為的に思える件についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
香港の水上レストラン「ジャンボ」が沈没→作為的に思える4つの理由 

◆ 香港の水上レストラン「ジャンボ」の他にもう一つあった! 残された方はどうするの?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
香港の水上レストラン「ジャンボ」の他にもう一つあった! 残された方はどうするの? 

スポンサーリンク

沖縄人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次