MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

明墨が緋山に手に入れさせようとする「例のもの」とは何?【アンチヒーロー考察】

記事内に広告を含む場合があります。

最新情報を追記しています!

考える男性
pathdocが撮影した画像

【この記事はネタバレを含みます! ご注意下さい】

5月12日放送のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」第5話のラストに、第2話で無罪になった緋山啓太(演 岩田剛典) が再登場。暗い明墨法律事務所内で明墨弁護士(演 長谷川博己) と何やら怪しいやり取りする様子が描かれました。

明墨「お待たせしました」
   「それで、例のものは手に入りそうですか?」
緋山「はい」
明墨「では、そろそろ始めましょうか」

緋山「・・・」

引用:TBS日曜劇場「アンチヒーロー」第5話より

このやりとりは何を意味するのか? 特に明墨が緋山に手に入れさせた「例のもの」とは何を指すのか? 考察します。

スポンサーリンク

◆ 【アンチヒーロー】瀬古判事の闇とは何?明墨が目論む弾劾裁判とは?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【アンチヒーロー】瀬古判事の闇とは何?明墨が目論む弾劾裁判とは? 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

【PR】Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」

スポンサーリンク

目次

明墨が緋山に手に入れさせようとする「例のもの」とは何?【アンチヒーロー考察】

TBS日曜劇場「アンチヒーロー」第5話のラストに登場した緋山啓太(演 岩田剛典) は第1話・第2話でのエピソード「町工場の社長の命が奪われた事件」の被告人でしたが明墨弁護士(演 長谷川博己) とその部下たちの働きによって無罪を勝ち取った人物でしたが、第2話のラストで、被害者の返り血を浴びた作業着を処分しているところを、赤峰弁護士(演 北村匠海) に目撃され、「やっぱり、やってたんだ!!」と視聴者に衝撃を与えた登場人物でした。

犯罪者が野に放たれた。。。

という状態になったわけですが、第5話のラストに再登場。なにやら明墨弁護士とは親密で、二人は協力関係である事を匂わせる冒頭の会話を交わしていました。

明墨弁護士が
緋山を使って手に入れさようとしている
「例のもの」とは何を指すのか?

東京地方検察庁の伊達原検事正(演 野村萬斎) の指示で、緋山啓太を監視していた菊池検事は、明墨弁護士と緋山啓太が接触したことを伊達原検事正に報告した際、伊達原検事正は、

伊達原検事正(演 野村萬斎)
伊達原検事正(演 野村萬斎)
画像出典:TBS日曜劇場「アンチヒーロー(ANTI HERO)」第5話より

そうなんだ、やっぱりね~
「あの事件」に繋がっているんだね~
ふ~ん。。。

と語っていました。ドラマの展開からすると伊達原検事正が言う「あの事件」とは12年前の2012年に起きた「糸井一家殺人事件」を指すものと考えられます。

緋山啓太が「糸井一家事件」に繋がる人物で、かつ、明墨から手に入れるよう指示されているものがあるとすれば、

「例のもの」とは
「糸井一家事件」で使われた毒物、
硫酸タリウムである可能性が高いです。

スポンサーリンク

「町工場の社長の命が奪われた事件」の舞台となった工場は「羽木精工」で緋山啓太が勤めていた工場です。

緋山啓太(演 岩田剛典) が勤めていた羽木精工
緋山啓太(演 岩田剛典) が勤めていた羽木精工
画像出典:TBS日曜劇場「アンチヒーロー(ANTI HERO)」第1話より

「硫酸タリウム」は半導体の製造や光学ガラスの製造などにも使用されます。「羽木精工株式会社」が何を製造する工場なのか明らかにされていませんが、「硫酸タリウム」を使用する工場の可能性があります。

「町工場の社長の命が奪われた事件」で無罪となった緋山啓太(演 岩田剛典) は恐らく「羽木精工」に仕事復帰しているはず。現在は劇物扱いとなって入手が困難になった「硫酸タリウム」を明墨弁護士(演 長谷川博己) は緋山啓太(演 岩田剛典) に入手させたのではないか? と推測します。

追記 5月21日
19日放送の第6話を観ますと、明墨弁護士が緋山に「12年も前のものがまだ残っているかどうかですが。。。」と話していた事からすると、緋山が探しているものはやはり、「糸井一家事件」で使われた毒物、「硫酸タリウム」の可能性が高まりましたね。

明墨弁護士と緋山の関係性は、「緋山の弁護料をタダにする代わりに明墨弁護士が依頼する調査を行う」といったものが伺えました。明墨弁護士が緋山を羽木精工に潜入させたというネットの意見もありますが、それはちょっとやり過ぎ感とご都合主義過ぎるかなと考えています。

スポンサーリンク

追記】「硫酸タリウム」ではない別の展開を考えてみる

上記の仮説は、伊達原検事正が緋山が明墨法律事務所を訪れたという報告を受けて「そうなんだ、やっぱりね~【あの事件】に繋がっているんだね~ふ~ん。。。」と言ったことから推定した仮説です。

しかし、明墨弁護士と緋山が
ここで手を組むとしたら、
羽木社長をやった真犯人を突き止める事

の方が自然に思えます。

第2話で緋山は無実になりましたが、その後、廃棄物処理場で返り血を浴びた作業着を処分する姿を赤峰に目撃されています。緋山は本当に無罪なのか? 宙に浮いたままになっていますよね。その件をスルーして再び明墨弁護士と緋山が合流するのはちょっと違和感ありますから、ここは緋山が本当に犯人だったのかどうかをはっきりさせるのではないでしょうか。

そこに着目して考えると、明墨弁護士が言った「例のもの」は羽木朝雄社長の命を奪った真犯人を特定できる何か? ではないかとも考えられます。そうするとですねー、

第2話で捏造された証拠として登場した
「DNA = 例のもの」何じゃないか?
とも考えられるんですよ。

第2話では緋山が犯人だとする証拠の一つに、「被害者の爪の間から検出された被告人のDNA」というものがありました。これは1度目の鑑定で、緋山のDNAが出なかったにもかかわらず、再鑑定して事前に警察が手にしていた緋山のDNAを付着させた捏造の証拠とされています。

しかし、被害者の爪の間からは確かに誰かのDNAが検出されていたわけで、そのDNAが誰のものか分かればぐっと真犯人に近づける事になります。

羽木社長が命を奪われた夜、残業していたのは緋山だけだったのでしょうか? ほかにも残業している人がいるとしたらその中に真犯人がいるかもしれません。

明墨弁護士が緋山に
手に入れさせようとしていた「例のもの」は
事件当日、現場にいた従業員の
DNAが採取できるもの

ではないかと推測します。

そういう流れの中で、第5話のラストの明墨弁護士と緋山の会話のやりとりを聞くと、すんなり腑に落ちるんですよ。。。

明墨「お待たせしました」
   「それで、例のものは手に入りそうですか?」
緋山「はい」
明墨「では、そろそろ始めましょうか」

緋山「・・・」

「では、そろそろ始めましょうか」は、「真犯人をあぶりだしましょうか」という意味合いに取れますよね。

スポンサーリンク

追記】 羽木朝雄社長の命を奪った真犯人は誰か?

TBS日曜劇場「アンチヒーロー」を観ている視聴者的には、「町工場の社長の命が奪われた事件」の犯人はやっぱり緋山啓太(演 岩田剛典) だったという認識が植え付けられちゃってますが、上記の仮設から推測すると、羽木精工の羽木朝雄社長(演 山本浩司) の命を奪った真犯人は緋山以外の誰か? という事になります。

羽木精工は町工場とはいえそこそこの規模があり従業員が複数いることはドラマを観ていると分かるんですが、ストーリに絡んできている人物は以下の3名です。

事件の目撃者、尾形(演 一ノ瀬ワタル)

事件の目撃者、尾形(演 一ノ瀬ワタル)
事件の目撃者、尾形(演 一ノ瀬ワタル)
画像出典:TBS日曜劇場「アンチヒーロー(ANTI HERO)」の公式ホームページより

事件の第一発見者となった尾形(演 一ノ瀬ワタル) は耳が良く聞こえない障害を持つ人物で、裁判では嘘とは言えないまでも、間違った認識で得た情報を証言したために緋山が犯人とされてしまいました。しかし、ドラマのセオリーとして、見かけからして怪しい尾形が真犯人、というのはなさそうな気がしてます。真犯人であったら、明墨や赤峰らと競馬場であった際など、もっと動揺していたはずですしね。。。

被害者・羽木朝雄社長の妻、春子(演 馬渕英里何)

被害者・羽木朝雄社長の妻、春子(演 馬渕英里何)
被害者・羽木朝雄社長の妻、春子(演 馬渕英里何)
画像出典:TBS日曜劇場「アンチヒーロー(ANTI HERO)」の公式ホームページより

羽木朝雄社長の妻・春子(演 馬渕英里何) は真犯人の可能性はあるのか? 朝雄と春子の夫婦間の関係性を描写したシーンが出てきていないので、夫婦仲については不明ですが、事件が起きた晩に、従業員の尾形が聞いたというやり取りが真実だとすると、緋山は汚い言葉で羽木朝雄社長からののしられていましたから、気のいい、優しい心の持ち主ではなさそうです。となると夫婦間で何かしらのトラブルがあり犯行に及んでいた可能性もあるかもしれません。

被害者の息子、湊と仲がいい従業員の佐藤(演 前原瑞樹)

被害者の息子、湊と仲がいい従業員の佐藤(演 前原瑞樹)
被害者の息子、湊と仲がいい従業員の佐藤(演 前原瑞樹)
画像出典:TBS日曜劇場「アンチヒーロー(ANTI HERO)」の公式ホームページより

劇中では、羽木朝雄社長の息子・湊くんに優しく接する従業員・佐藤(演 前原瑞樹) です。たびたび出てきますが、しっかりスポットが当たっていません。劇中ではまだ怪しさは一切出ていませんが、個人的には、羽木朝雄社長をやった真犯人はこの人ではないかと考えています。番組公式ページの相関図に役名までしっかり出ている人物なので、この人怪しいですw。

緋山は、明墨弁護士に依頼されて、上記3名のDNAが採取できそうな歯ブラシ的なものを手に入れようとしているのではないでしょうか。。。

スポンサーリンク

追記】 まとめ

TBS日曜劇場「アンチヒーロー」第5話のラストに「町工場の社長の命が奪われた事件」で無罪になった緋山啓太(演 岩田剛典)がまさかの再登場。明墨弁護士(演 長谷川博己) が緋山啓太に手に入れさせた「例のもの」が何なのか? について考察しました。

伊達原検事正の言葉に注目するなら「例のもの」は硫酸タリウム、明墨弁護士と緋山がこのタイミングで手を組むことに注目するなら「例のもの」は羽木朝雄社長の命を奪った真犯人と思しき人物のDNA、ではないかと推測しました。

伊達原検事正が、緋山も12年前の「糸井一家殺人事件」に繋がっていると発言していることから、羽木朝雄社長の事件の真犯人がどう関係するかは分かりませんが、「糸井一家事件」で使用された毒物・硫酸タリウムの出所は、この羽木精工だったのかもしれません。

また、当ブログの別記事では、「糸井一家事件」の真犯人は紗耶ではないか? と考察しているんですが、羽木朝雄社長が緋山を叱責する中で緋山の「育ち」や「母親が亡くなっている事」などについてもねちねち言われていましたから、緋山も紗耶と同じ児童養護施設「ゆめみらいの家」出身なのかもしれません。そうなれば紗耶と緋山が繋がりさらに毒物の「硫酸タリウム」とが繋がります。

TBS日曜劇場「アンチヒーロー」は5月12日で第5話終了で半分まで来たという事です。残りあと5話。まだまだたっぷり楽しめそうです。今後の展開に注目です!

第6話予告編

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次