MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

小室夫婦のNY生活、ボディーガードなしって危ないですよね!?

ボディーガード
Photo by RyanMcGuire
ブログ主

小室夫婦、新天地NYでの生活はかなりパパラッチに追いかけられているようで、連日のようにNYでの暮らしぶりが日本でも報道されていますー
NYの日本総領事館が現地に拠点のある日本のマスコミに小室夫婦を撮影しないようにと協定を結んだという話もありますが、収まりますかねー海外のパパラッチは凄いらしいですからねー
先日も、眞子さんおひとりで外出される様子や夫婦で街を歩かれている姿が撮影されてましたけど、気になったのは、小室夫婦にボディーガードがついていないってことですー。これって凄く危ないですよね。なんでこんな状態を放置してるんですかね。何かあったら、どうするんでしょう!!! 例え臣籍降下されたとはいえ、日本の元内親王殿下じゃないですかーボディーガードもつけずにニューヨークふらふら出歩くとか信じられません。。。今回はその件について書いていこうと思いますー

◆ NYの小室夫妻警備費用年間8億円についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【NYの小室夫妻警備費用年間8億円】その財源と言われる外交機密費って何? 

スポンサーリンク

人気ブログランキングに参加しています!


沖縄ランキング
目次

小室夫婦、NYの生活はボディーガードがいない模様

小室夫婦のNYでの暮らしぶりがパパラッチされて、連日、日本にも伝えられていますけど、その様子を見ると周囲をボディーガードが守っている気配がないですよね。。。これ、凄く心配しているんですよー
元内親王殿下の眞子さん、連れ去られて大変なことになってもおかしくない状況ですよねー
なんでこの状況を放置しているのか不思議でならないんですよー
宮内庁はよく放置できるなーって思うんですよねー
日本国内ならまだわかるとしても、ニューヨークでこれはないですよー
小室夫婦にボディーガードが雇えるだけのお金がなかったとしても、この状態を放置しているのはよくないと思うんですよ。
例えそこに、日本の税金が投入されたとしても、しっかりしたボディーガードつけて、眞子さんを守るべきだと思いますー

海外のセレブの方たちはみなボディーガードつけてますよ

海外の有名人、セレブと言われる方たちはみなボディーガードを付けていますー
費用はかなり高額になると言われていますが、そんなこと気にしてられないほど日本と違って海外は危ない環境なんだと思いますー

フロイド・メイウェザーのボディーガード

この中央でハットをかぶってチェックのシャツを着た方、この方はアメリカのボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏ですー。周囲を囲む巨漢のボディーガードたち。。。この方自身がめちゃくちゃ強くて、少々のことがあってもやられそうもない人でも、これだけの数のボディーガードを付けて生活しているんですよ。なぜ、こんなにボディーガードをつけなきゃならないのか? その答えは単純明快ですよ。ボディーガードがいなかったらシャレにならないことになってしまうからですよ。

スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバーのボディガード

よかったらこの記事シェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる