MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

安倍元首相の国葬、強行開催の東京五輪と状況が酷似。日本は同じ轍を踏む?

\Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
Photo by makoto.h
ブログ主

2022年9月8日に行われた閉会中審査は、岸田首相安倍元首相の葬儀が合同葬ではなく、なぜ国葬なのか? を説明する場でした。しかし野党議員の厳しい質問に対して、岸田首相は答えにもならない回答をひたすら繰り返していましたよね。。。あれは、酷かったですよ。。。でもこれ、どこかで見たことある光景やぞ! と思ったんですよ。記憶を紐解くとこれ、1~2年前に菅前首相「なぜコ▢ナ禍に東京五輪を開催しなければならないのか?」の追及を受けていた時、まったく意味不明な訳の分からない答弁繰り返していたのと酷似しているんですよ。当時ボクはあ~、菅前首相はもうご高齢なので高齢者の方が罹る特有のあの病気なんやろな。。。この人が首相じゃアカンやろ。。。って思ってたんですが、まだ若い岸田首相も全く同じ答弁だったので、あーこれは病気じゃなくて、政治家が追い詰められたときに繰り出す「アホのふりをする技」なんやな、と初めて理解できました。政治家がこれをするときは全く理屈に合わないことを強引にやろうとしている時なんですよね。ここへ来て安倍元首相の国葬問題が東京五輪強行開催に踏み切る時と同じ状況になってきたとするとこの先、忌まわしいあの件が再び起こるかもしれません。その件について今日は書いていきます。

スポンサーリンク

◆ 岸田首相が「国葬」実施を決めた本当の理由についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
閉会中審査で見えて来た、岸田首相が「国葬」実施を決めた本当の理由 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

目次

安倍元首相の国葬、強行開催した東京五輪と状況が酷似。日本は同じ轍を踏むのか?

一般の常識人であれば、当時のあれだけのコ▢ナ禍での東京五輪開催は、断じてありえへんものでしたが、菅元首相は野党や国民の声には耳を貸さず東京五輪を強行開催しましたよね。そしてその強行開催の挙句に見せられたのが、東京五輪のあの忌まわしい開会式でした。。。とても165億円もかかっているとは思えないほど、安っぽかったですよね~。。。えっ? 日本てここまで落ちぶれちゃったの? と大きな心的ショックを受けてしまうほどの開会式でした。

思い出すだけで身の毛がよだつ忌まわしい東京五輪の開会式

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次