MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

木村拓哉主演「ビリーブ」は刑務所脱獄・脱走がテーマのドラマなの?

記事内に広告を含む場合があります。

最新情報を追記しています!

刑務所内部
UnsplashTyler Rutherfordが撮影した写真

2024年4月25日にスタートした、木村拓哉さん主演のテレビ朝日開局65周年記念木曜ドラマ「ビリーブ(Believe)―君にかける橋―」は、土木設計士役の木村拓哉さんが紆余曲折を経て、難しい問題をクリアしつつ、巨大な吊り橋を完成させる、というドラマではなく、刑務所に収監された木村拓哉さんが、刑務所から脱走しようと右往左往するドラマなのではないか? と思えてきました。2話以降ストーリーがどのように展開するのか? 考察します。

スポンサーリンク

◆ ビリーブ第4話に登場の田中哲司演じる「半田豊」とは何者か?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
ビリーブ第4話に登場の田中哲司演じる「半田豊」とは何者か? 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

【PR】Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」

スポンサーリンク

目次

木村拓哉主演「ビリーブ」は刑務所脱獄がテーマのドラマなの?

刑務所
MemoryManが撮影した画像

木村拓哉さん主演のテレビ朝日開局65周年記念木曜ドラマ「ビリーブ(Believe)―君にかける橋―」はタイトルの副題に「君にかける橋」とありますから、ストーリーは設計士に降りかかる様々な苦難の末に、計画通りに巨大な吊り橋を完成させる、という展開を予想していましたが、第1話で完成間近の橋が崩落し、橋を設計した土木設計士の狩山陸(演 木村拓哉) が早々に刑務所に収監されるという展開でした。

第1話終了時点で分かっていることは以下の通り。

  • 狩山陸は橋崩落に関して、実は責任は全く無い。
  • 下請け会社が設計指示とは異なる強度の低い、安価な資材を発注し使っていたために橋が強度不足となって崩落を招いた。
  • 帝和建設の監督責任が問われ社会的信用を落とすことを恐れた帝和建設の磯田社長(演 小日向文世) が狩山陸を説得して設計ミスで橋が崩落した事にした。
  • 狩山陸は業務場過失致死傷罪で1年6か月の実刑判決を受け国立刑務所に収監される。
  • 狩山陸の妻、玲子(演 天海祐希) にガンが発症。余命1年と宣告される。
  • 狩山陸は早速、刑務所逃走を図り失敗。懲罰房送りとなる。ドラマの中では触れていませんがこれで確実に刑期は延長したはずです。
  • 妻の余命を聞かされた狩山陸は、妻に会いたいと橋崩落事故に関して無罪を訴え、再審請求を弁護士・秋津(演 斎藤工) に依頼。
  • 帝和建設側は狩山陸の再審請求に協力する気はない。
  • 狩山陸の後輩社員に海外事業を任せ、その引き換えに狩山陸の弁護士とは会って話をしないように釘を刺される。
  • 弁護士・秋津は狩山陸の味方だと言いつつ、帝和建設を敵に回すつもりはないと磯田社長に告げたことで、弁護士・秋津は再審請求に関して頼りにならない事が判明。
  • 国立刑務所の責任者、区長の林(演 上川隆也) は何者かと通じており、刑務所内の狩山陸を注視している。
  • 林区長はこれまで冤罪を訴える受刑者の仮釈放を潰してきた実績がある。

以上の事から、
木村拓哉さん演じる狩山陸の再審請求が
簡単には受け入れられず
刑務所からは当分出られそうもない

という事が容易に想像できます。

そうなると、橋の建設の話は
今後、もう出てこないのかもしれません。

その上、妻・玲子の余命が1年しかなく
刑期が1年6か月となれば、
木村拓哉さん演じる狩山陸は
刑務所脱獄・脱走するしか道はない

となるんですよ。

スポンサーリンク

その筋の人でもない、ゼネコンに勤める普通のサラリーマンがそう簡単に脱獄・脱走なんて出来るわけがありません。。。ひょっとして、木村拓哉さん演じる狩山陸が収監された国立刑務所は、日本に4か所だけ存在するという「塀の無い刑務所(開放的処遇施設)」の設定なのかな? と思ったんですよ。それなら、案外、逃げられるかも?! って。。。狩山陸が国立刑務所に連れてこられたシーンでは、入り口付近に高い塀はありませんでしたから。

裁判所から国立刑務所に移送される狩山陸
裁判所から国立刑務所に移送される狩山陸
画像出典:テレビ朝日開局65周年記念木曜ドラマ「Believe―君にかける橋―」第1話より

「塀の無い刑務所(開放的処遇施設)」は、

  • 反社会性集団に属していない
  • 逃走の危険がない
  • 引受人が決まっている

などの厳しい条件をパスした受刑者だけが入所できる刑務所です。全国5万人いると言われている受刑者の中から数十人だけが入れます。

塀の無い刑務所

  • 松山刑務所大井造船作業場/愛媛県
  • 網走刑務所二見ケ岡農場/北海道
  • 広島刑務所有井作業場/広島県
  • 市原刑務所/千葉県

しかし、
刑務所内の別シーンでは高い塀が存在していましたから、
そういう設定でもないようです。

高い塀に囲まれた刑務所内の中庭
高い塀に囲まれた刑務所内の中庭
画像出典:テレビ朝日開局65周年記念木曜ドラマ「Believe―君にかける橋―」第1話より

高い塀、あるんかい!

スポンサーリンク

という事で、国立刑務所が通常の刑務所なら、いくらスーパースターのキムタクでも、そう簡単に刑務所を脱獄・脱走も出来ないでしょうから、ドラマ全10話(?) の大半が、刑務所内のシーンになる可能性があります。

橋を作る土木設計士のドラマというよりは
囚人の脱獄・脱走がテーマのドラマなのかも。。。

そうだとしたら
思っていたドラマと
だいぶ違うな~

まとめ

木村拓哉さん主演のドラマ「ビリーブ(Believe)―君にかける橋―」、初回の第1話から木村拓哉さん演じる狩山陸が刑務所に入れられてしまいましたから、全10話程度と思われるドラマのほとんどが刑務所のシーンで、あの手この手で木村拓哉さんが刑務所から脱獄・脱走しようとするドラマになる、という可能性が出てきました。

映画やドラマで脱獄をテーマにした作品は、刑務所のセットが相当作り込まれたものでないと、観ていてリアリティないですよね。でも第1話で登場した国立刑務所内の様子は、刑務所の雰囲気はあまり出ておらず、工場かどこかでロケしたんだろうな。。。って言う感じでした。

また脱獄・脱走するには外部や同房にプロフェッショナルな協力者がいるのが普通なんですけど、そういう仲間が出来るってことなんでしょうかね。そんな仲間が出来てしまうと、逃げた後もいろいろ大変な関係になりそうですけど。。。妻の玲子はガンですし、会社の後輩は社長たちに取り込まれてましたし、誰が協力するんでしょう。。。

スポンサーリンク

常識的に考えたら、たった1年6カ月程度の刑期なら、脱獄・脱走なんて考えずに真面目に勤めて仮釈放狙った方が1年以内に出所できる可能性高いですし、その上で再審請求するのがいいと思いますけどね。。。1年以内なら、妻・玲子が生きているうちに刑務所から出られますからね。

そもそもそこまで狩山陸が玲子を愛しているなら、何の相談もせずに、会社をかばって罪を被って服役するという事自体がおかしな設定という事なんですけどね。逮捕される前にいろいろドラマがあってしかるべきですよ。

ドラマ「ビリーブ(Believe)―君にかける橋―」は今夜第2話放送なので、まだ始まったばかりのドラマなんですが、すでに脚本が破たんしているのではないか? と心配なんですよ。。。木村拓哉さんが主演した「教場0」は脚本は破たんしてましたからね。。。

今後の展開を見守りましょう!

スポンサーリンク

追記 2024年5月3日 第3話で狩山陸脱走成功か?

木村拓哉演じる狩山陸は、刑務所内で脱獄計画を練り当初のAプラン(混乱に乗じて脱走)から、急遽Bプランに変更して、同房の囚人、野口(演 濱田龍臣) から暴行を受けて負傷し、救急車で搬出されるところまでこぎつけて第2話が終了しました。

野口には腹を殴られただけの狩山陸。。。
救急車呼ぶほどの事???

視聴者が首をかしげるほどのご都合主義的な展開でした。野口がせめて元プロボクサーだった的な演出でもあれば、少しは救急車を呼ぶ違和感が薄らいだかもしれませんが、あの程度ではね。。。刑務所内には医務室もあって医者もいるのに。。。

例えば、刃物で怪我をさせられて、「あ、これもう助からないんじゃない???」位のけがを負ったのに、運ばれた病室のベッドから消えていた。。。ボロボロになりつつ妻に会いに行く、みたいな流れの方がまだ自然でしたよね。

でもそもそも、妻には何の相談もなしに会社の言いなりになって罪を被って刑務所に勝手に入った夫が、今度は刑務所を脱獄して妻の元に会いに来られても、「何しに来たの???」って感じで現実世界なら迷惑以外のなにものでもないですよね。第2話のタイトルが「決意の脱獄計画…全ては妻の為に」ってなってる事にも違和感しかありません。脱獄なんて、全然妻のためになってないと思うんですよ。。。

そして第3話の予告編が以下になります。

第3話予告動画

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次