MENU
記事カテゴリー
FREE FOWLSからのお知らせ

建築士は橋を作る? 木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」の設定がおかしい

記事内に広告を含む場合があります。

最新情報を追記しています!

橋の模型
Sepia100が撮影した画像

2024年3月7日、木村拓哉さん主演の4月期の新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」のティザー画像とドラマの概要が発表になりました。そのドラマの概要によりますと主演の木村拓哉さんの役どころは、大手ゼネコンの土木設計部の部長の役で橋づくりに情熱を注ぐ建築士というものです。しかしこの設定、建設業界からすると違和感があるんですよ。それは、建築士は橋の設計には携わらないのが一般的だからです。橋の建設は建物を設計する建築士の仕事ではなく、土木の分野に含まれるからです。どういう事か解説します。

スポンサーリンク

◆ カチカチ鳴っている音は何?2024年木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」インスタPR動画についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
カチカチ鳴っている音は何?木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」インスタPR動画 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

【PR】Tシャツ欲しいな~と思ったら!/

沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」
沖縄・石垣島のTシャツ屋「FREE FOWLS」

スポンサーリンク

目次

建築士は橋を作る? 木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」の設定がおかしい

木村拓哉さんが2024年4月期の新作ドラマ「ビリーブ(Blieve)」に主演されると発表がありましたが、木村拓哉さんの役どころに違和感があるんですよ。。。番組公式ホームページに掲載されている木村拓哉さんの役どころは以下の通り。

狩山 陸(かりやま・りく)(50) 木村 拓哉
 大手ゼネコン「帝和建設」の土木設計部で部長を務める建築士。建設物オタクであり、こと建築にかけては完全主義者。橋づくりに情熱を寄せ、数年前から計画が始まった「龍神大橋」の建設に主任建築士として従事していたが…。

引用:テレビ朝日開局65周年記念 木曜ドラマ『Believe-君にかける橋-』公式ホームページより

一般の方たちが周知しているとは考えずらいんですが、建設業に於いては、建物を建てる建築業と、道路やトンネル、橋、ダムや上下水道を作る土木業に分けられます。

一般的には建築士が
橋梁設計することはありません。

へぇ~、そうなんだ!
知らなかった!!

スポンサーリンク

建築と土木、一緒くたにされがちですけど、その業界内で働いている方たちからすると、完全に別分野の仕事になります。国家資格の一級建築士という資格を持って、住居を始めオフィスビル、商業ビルなど地面の上に立つ建物を設計するのが建築士の仕事で、土木は地面の下にある、道路、トンネル、橋、上下水道など主にインフラ設備を作る仕事になります。土木の設計に関する国家資格は存在しません。(民間資格に「土木設計技士」という資格はあります) 土木における国家資格は「土木施工管理技士」という資格があります。

では建築士が橋の設計をすることは絶対にないか?
というと、そういう訳でもなくて、
有名建築家の黒川紀章氏は
1999年に豊田大橋を設計
しています。

黒川紀章氏
黒川紀章(1934~2007)
文部科学省ホームページ, CC BY 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0, via Wikimedia Commons

黒川紀章氏設計/豊田大橋 1999年

しかしこの様な、
黒川紀章氏の例は極めて稀な例です。

スポンサーリンク

黒川紀章氏の様に有名な個人の建築家が橋の設計をすることはあっても、ドラマの設定にあるような、大手ゼネコンで日常的に建築士が橋を設計しているというのはやはり考えにくいです。ましてや「大手ゼネコンの土木設計部の部長が建築士」という設定はかなり異色の経歴と言えます。大手ゼネコンであれば、建築分野と土木の分野は明確に仕事が線引きされていますから。

正直、ちぐはぐ感が否めません。。。橋が作りたくて、大学の建築科を受験してしまった、みたいなエピソードがドラマに挿入されているなら、まだ分かりますが。。。どうでしょうね。

例えて言うなら、
大学付属病院の外科部長が、
美容整形の名医

みたいな事に近いと思います。

大学病院の外科と美容整形って同じ病院ではありますけど、用途が異なりますよね。外科と美容整形は同じメスを使って患者さんを治す(直す) 事になるんですけど、患者さんが医師に求めているものがそもそも違いますから。大学病院の外科部長が美容整形の名医なんてことは一般的ではありません。美容整形の名医って、個人の開業医のイメージですからね。。。この例えが的を得ているかについては自信はあまりないですが、建築と土木にもこの位の違いがあるんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

2024年4月期スタートの新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」。主演の木村拓哉さんの「橋づくりに情熱を寄せる建築士」という役どころの設定が建設業界的に大きな違和感があることについて解説しました。

今回、新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」ストーリーを任されている脚本家の井上由美子氏が、建設業界の事をどこまで知った上で脚本を書かれたのか? って今後、重要になってくると思います。建築も土木も一緒くたで考えられていたら、批判の声、上がっても不思議じゃないです。脚本家の井上由美子氏が全てわかった上で、大手ゼネコンの異色の建築士出身の土木部の部長ってことなら何の問題もありませんけどね。その辺がしっかり描かれているのでしょうか。。。

木村拓哉さんにつきましては、代表作と評価の高かったドラマ「教場」シリーズのドラマ「教場0」が、2023年4月に放映されましたが、見事に視聴者の期待を裏切る不出来なドラマなってしまいました。新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」はそのドラマ「教場0」後、一発目のドラマ作品になります。2回続けてスベルわけにはいかないでしょうから、新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」の細かい設定にも目を配る必要あると思います。辻褄が合わないのは致命傷になりかねませんからね。キムタクドラマ好きのボクとしましては、新ドラマ「ビリーブ(Blieve)」も期待してますので、4月のスタートまでに、その辺の違和感が解消されることを期待します!

スポンサーリンク

追記 2024年3月13日 公式ページが「建築士」から「設計者」に訂正されたようです。

3月13日現在、問題にしていた「建築士」という表現が、番組公式ページから消え、「設計者」や「土木設計家」という言葉に訂正されたようです。「土木設計家」という言葉は、実際あるようですがあまり一般的な言葉ではないので、使わない方が良さそうではありますけどね。

でも、誤りを素直に訂正されていますから、この件はこれでもう終わりという事でしょう。つまらない事にいつまでも引っかからなくて済むというのはイイことです。

「ビリーブ(Blieve)」の番宣は、ドラマ「VIVANT」方式のようで、あらすじやキャストなど、ほとんど情報開示なくドラマスタートに至るようです。

ドラマ「VIVANT」の放送前の番宣は、主演の堺雅人さんをはじめとする5人のメインキャストと、アジアの砂漠のような景色、「VIVANT」という意味の分からない言葉で視聴者を引き付けていました。個人的には堺雅人さんと阿部寛さんのキャスト見ただけで「面白そう!」って思いましたけどね。

ドラマ「VIVANT」の放送前の番宣

現時点での「ビリーブ(Blieve)」の番宣は、主演は木村拓哉さんは分かるけど、共演者情報がないのはちょっと弱い。刑務所の面会室みたいな場所は興味をそそりますが、後は青空の画像だけだと、あまり引きがない。最後に投球フォームみたいな画像が出るけど、野球が関係するのかな? って思ってしまいます。

「ビリーブ(Blieve)」の番宣

「ビリーブ(Blieve)」の番宣の演出はなんと木村拓哉さんが主導されているとの事。広告宣伝はプロに任せた方がいいかなって思いますけどね。やはり、共演者情報は早めに出した方が、視聴者食いつくと思うんですけどね。気になりますよ、やっぱり。

今後の展開を見守りましょう!

スポンサーリンク

◆ カチカチ鳴っている音は何?2024年木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」インスタPR動画についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
カチカチ鳴っている音は何?木村拓哉主演ドラマ「ビリーブ」インスタPR動画 

◆ 【教場0/最終回】十崎が呟いた「妹」は堀田真由演じる伊上幸葉ではない2つの理由についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【教場0/最終回】十崎が呟いた「妹」は堀田真由演じる伊上幸葉ではない2つの理由 

◆ 【木村拓哉主演/教場3】ロケ地使用NGを出したあの警察学校はどこ?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【木村拓哉主演/教場3】ロケ地使用NGを出したあの警察学校はどこ? 

◆ 【大胆予想!】木村拓哉主演「教場3」降板申し出のキャストとは誰か?についてはこちらの記事にまとめています!下記からお進みください!
✔あわせて読みたい
【大胆予想!】木村拓哉主演「教場3」降板申し出のキャストとは誰か? 

人気ブログランキング下記バナーでこのブログ応援して下さい!!!お願いします!!!

これこれ!!

よかったらこの記事シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次